山下FPブログ記事

2020.03.26 / ニュース&トピックス

新コロナ・・・貯蓄性の保険からお金を引き出してもOK(無利子)

ニュース&トピックス

コロナ緊急対策として、貯蓄性の保険からお金を引き出すことも可能です

今回のコロナショックで、個人、法人を問わず、

ご自身の加入している貯蓄性の保険から、

お電話1本、保険会社へご連絡するだけで、

貸し付けを金利ゼロ円で受けることもできます。
(保険会社によって対応が異なります)

 

契約者貸付とは

 


契約者が自分の保険の解約金の一部を自分が使うために引き出す
契約者貸付 といいます。

貸付とありますが、そもそもは自分の払った保険料ですから
困ったときは、堂々と貸付を受ければよいのです。


いくらお金を貸し付けできるか?

詳細は、ご自身の保険の担当者へ問い合わせするのが早道です。

主な保険会社のリンクを張っておきましたので、ご参照ください。

 

主要な保険会社の新コロナの対応について

 


アフラック

 


東京海上あんしん生命

 

ジブラルタ

 

ソニー生命

 

オリックス

 

三井住友海上あいおい生命

 

NN生命

 

FWD富士生命

 

アクサ

 

メットライフ

 

マニュライフ生命

 

 


貯蓄性の保険の意義

よく保険は掛け捨てでと、書かれている記述を見たり、聞いたり
問い合わせを受けたりしますが、それは、だれにでも当てはまるルールではないのです。


「誤解」「刷り込み」「思い込み」「決めつけ」です。


貯蓄性保険か?掛け捨て保険?・・・・

掛け捨てが良い場合もありますし、貯蓄性のほうが良い場合もあります。

その方の置かれた立場、年収、環境、嗜好、保険リテラシーレベルにより異なります。

理屈だけでは語れないところが、保険の難しさだと・・・

実務を重ねてまいりました結果、そう思います。

 

貯蓄性の保険は第3の銀行

 

さて今回の場合は、貯蓄性の保険に加入されていた場合ですが、


コロナショックで資金繰りが悪化した場合、

預金以外で、簡単にお金を引き出す第3の銀行として

「貯蓄性の保険」がその役割を果たします。

 

 

この第3の銀行は普段、クライアント様の意識の中に存在しません。
いわゆるあてにしない「お金」(無意識のお金)

ですが、このような緊急事態が発生し、家計のまたは、会社の資金繰りが
悪化すれば、電話1本でお金が口座に振り込まれ、役立つお金にかわります。(顕在化したお金)


しかも今回の場合は利息ゼロとしている保険会社も多数あります。
(全保険会社ではないことに、驚いていますが。)

 

 

ともあれ、

お金がない時に、銀行から融資をお願いしてもそれななかなか厳しいものがあります。

今回のコロナショックは、いつ収まるか?今の段階では見通しが立ちません。

もし資金繰りで困っている個人、法人の保険契約者の方は、

「契約者貸付」を検討してみてください。

2020.03.13 / ニュース&トピックス

コロナウイルスにかかられた方は見舞金5万円が支払われる!

ニュース&トピックス

 

もしもマニュライフ生命の保険(医療保険や個人年金、生命保険などなんでも)新コロナウイルス感染症にかかられた患者さんは、マニュライフ生命よりお見舞金が支払われます。コロナウイルスにかかった~でもマニュライフ生命の医療保険じゃないけど・・・という方でも大丈夫です。マニュライフ生命の保険商品になにか加入していればOK。請求期間も2020年6月22日までです。お見舞金の総額は1億円に到達したら終了しますのでご注意くださいね。

 

 

 

新コロナウイルス感染症と診断されたらお見舞金5万円

契約日が2020年3月12日以前の契約を対象として、2020年6月12日までの間に、

新型コロナウイルス感染症と診断された場合治療の有無に関わらず、一律5万円

 

※マニュライフ生命の個人保険契約の契約者、法人の契約の被保険者が対象です。

 

 

支払い対象期間

2020年6月12日まで

 

 

支払いの条件

お支払い対象期間内に日本国内において、治療の有無にかかわらず、新型コロナウイルス感染症と診断された場合

お見舞金の総額は1億円を上限とし、1億円を超えた時点でお見舞金の支払いを終了

 

 

お手続き方法

感染の診断から90日以内に、自身の費用により、マニュライフ生命に対しその事実の通知を行うとともに、

有効な医師および医療機関の診断書を当社に提示すること

※お見舞金のお支払いは、個人保険契約の契約者、被保険者および法人契約の被保険者について、保険契約数にかかわらず一回限り

※事前の通知なくお支払い条件を任意で変更することができるものとします。

 

 

 

お問合せ先

マニュライフ生命コールセンターまでお問い合わせください。
0120-063-730(通話料無料)
受付時間 :月~金曜日 9時~17時(祝日・12月31日~1月3日を除く)

 

マニュライフ生命のHPはこちら

2019.11.05 / ニュース&トピックス

台風保険、加入していますか?

ニュース&トピックス

 

台風で家が壊れてしまったら・・・

 

 

 

201910月~火災保険の値上げ

20201月~地震保険の値上げ

2020年1月~自動車保険の値上げ

201910~傷害保険の値上げ

 

昨年(2018年)の大型台風21号、集中豪雨、などで

損害保険(火災保険・地震保険・自動車保険・傷害保険)

の保険料が上がっています。

 

保険というと「生命保険」をイメージするかと思いますが、

損害保険は「物」に対する補償の保険です。

 

実務経験上、損害保険はかなり複雑で、保険会社複数見積り比較検討

(生命保険も同じ)ですが、

 

さらにどのような補償を付けるのか?

支払い給付時の初動対応によって、

 

保険金が支払われたり、支払われなかったり、

保険金支払い請求の請求方法によって、

支払い金額が変わってしまうことがあり、

 

損害保険はプロの代理店に加入するのが

第一条件だと個人的に思います。

 

 

一例をあげてみますと・・・・

 

台風で屋根が吹き飛ばされた事故が多発した

2018年の関西地域を襲った大型台風

 

1年を経過した今でも、修繕ができていない

方が多いです。

 

原因は屋根の修理業者の「人手不足」

 

屋根に被害が出たら、

 

1・・・真っ先に信頼できる工事業者を呼びます。

 

この真っ先に・・・が重要です。

 

連絡が遅いと修理の順番がなかなか

回ってこなくて、1年たってもまだ

補修ができていないということになりかねません。

 

屋根の上に自分でのぼって写真をとるのは危険なのでやめましょう。

ですが、証拠写真はしっかりとってください。

 

 

2・・・保険会社に連絡します

 

大型の災害の場合は特設電話を開設し対応していますが

それでも、コールセンターはパンク状態でなかなかつながりません。

 

保険会社の代理店でしたら、すぐつながりますし、話はスムーズです。

 

基本、保険会社は支払う体制ですが、1の工事業者の予約が遅くなると

補修の見積もりと証拠写真の提出と給付請求が遅くなり、

 

結局、ブルーシートのまま1年経過してしまった・・・となってしまいます。

 

なかなか工事業者が見つからないと焦ってしまい、インターネットで検索して

見積り業者を呼ぶようですが、

 

その工事見積が、高額な見積りを「どうせ、保険で直すのだから・・・」と

請求される場合もあったみたいです。

 

3・・・悪徳業者にかかわらないようにするためには

 

信頼できる業者とは自分の家を建てた業者です。

まず工務店に連絡し、修理の見積もりを依頼してください。

 

被害は特定のエリアに集中しがちで、その工務店さんも

手が回らない可能性があります。

 

信頼できる業者が見つからない、わからない場合は

加入している損害保険会社に代理店を通じて相談してみてください。

 

私のクライアント様は、損害保険会社の紹介で

工事業者に修理の見積もりを依頼することができました。

 

侵害保険会社は毎年何万件もの給付事例を受けていますので

当然ながら工事会社名をたくさん知っています。

 

火災保険に加入するときは、皆様、お見積金額で決定されることが

多いと思いますが、

 

「どこで加入するか?信頼できる担当者は?頼りになる保険会社?」

そんなことも、含めて加入されるとよいと思います。

 

 

ちなみに、台風保険とは、住宅総合火災保険のことです。

 

このたびの大型台風により河川の氾濫により、住宅が床上浸水してしまった場合は、

ご加入の火災保険から支払われます。

 

注意点として、加入時に「水災」特約を付けている場合でないと

保険金はおりません。

 

よくあるケースとして、

水災特約が高いからといってその特約を付加していない場合があります。

当たり前ですが、その場合は、保険金は支払われません。

 

また今回のように畳とか家具、電化製品なども使い物にならなくなって

粗大ごみとして捨てられている光景を見受けますが、

火災保険加入時に、

「家財」として保険金をかけていないと、これまた当たり前ですが、保険金は支払われません。

 

 

 

テレビでご覧になった方も多いと思いますが、ゴルフ場のフェンスが台風で倒れて

自分の家を壊された場合、ゴルフ場にフェンスのメンテナンス・強度など、

 

落ち度がなければ、免責です。

 

自分の家は自分の火災保険で修理しなければなりません。

 

要は、自分の家は自分で守らないといけない、国や他人は当てにできないということです。

 

ご自身の火災保険はどのような場合に補償が得られるのか?今一度確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ