山下FPブログ記事

2016.12.12 /  ┗ 損害保険(火災・地震・自動車)

海外旅行!クレジットカードにセットしている保険で大丈夫?

 ┗ 損害保険(火災・地震・自動車)

外務省統計グラフ

 

 

 

 

 

 

さて今週から、12月の中旬となり、クリスマスのあとは、お正月! お正月は海外で!と素敵な計画を立てている方も多いと思います。

さてこの時期よくあるお問合せですが、

海外旅行保険は自分の持っているクレジットカードについているから 別にはいらなくても、大丈夫ですよね? しかも、ゴールドカードですし!

答えは、「大丈夫かどうかは、要ご確認!」です。

 

といいますのも、 クレジットカード付帯の海外旅行保険は 「自動付帯」と「利用付帯」があります。

自動付帯とはその通り自動的に適用されるもの 利用付帯とは旅行代金をそのカードで決済しないと 海外旅行保険が適用とならないものです。

 

 

もし、ご自分の利用条件が、利用付帯なのに、 旅行代金をそのクレカで支払っていないと

ぶぶ~! たとえゴールドカードであったとしても・・・ 死亡1億円が5000万円に減額されたりしますよ。

さらに、自動付帯されているから安心!ではなく、 補償内容についての確認も必要ですよ。

補償内容の中には、 死亡保険金1億円など、 万が一海外でお亡くなりになった場合に支払われる他に、 治療・救援費用保険金300万円・・・というものがあります。

治療・救援費用保険金とは?

・海外で怪我や病気になり 医師の治療を受けた場合に支払われる保険金(ご本人の海外での治療費)

・ご本人が死亡または3日以上続けて入院された場合にご家族 が駆けつける為の費用(捜索救援費用・現地からの移送費用なども) この2つをいいます。

 

外国で病気やけがになったら桁違いにお金がかかることは ご存知だと思います。

救急車も海外では有料。

盲腸といえども、渡航先によりますが、 60万円~300万円と高額です。

 

 

残念ながら死亡された場合、 国により異なりますが搬送費用で100万円から150万円。

腐食防止の費用約50万円、専用の棺約50万円。

空港からご自宅(葬儀場)への搬送費用約15万円と、 どんどん費用がかさんできます。

死亡される前に入院による治療があれば 治療・救援費用保険金の限度額を 使い切ってしまう場合もあります。

外務省の報告では、 海外で死亡されるケースは年間約500~600人。

 

ニュースで見るものの なかなかご自身の周りにいないのが現実です。

でも「万が一」のための保険! 死亡は確率が低くても ケガ・病気に対する備えは、

最低カバーされていないといけないと思います。

ご自分の保険が治療費用をしっかり手当てされているか? ここが、重要ですね!

2016.06.11 /  ┗ 損害保険(火災・地震・自動車)

損保が積立型商品の販売を停止

 ┗ 損害保険(火災・地震・自動車)

 

 

 

損保が積立型商品の販売を停止

 

 

 

損害保険大手が、相次いで積立型の商品の販売を停止します。

 

日銀のマイナス金利政策で、顧客から預かった保険料の運用が難しくなったことによるものです。

 

東京海上日動火災保険は、大手で初めて積立傷害保険の販売を10月に取りやめるほか、三井住友海上火災保険も、来年4月から積立火災保険(マンション管理組合向けを除く)の販売を停止します。

 

また、損害保険ジャパン日本興亜も、年金払い積立傷害保険の販売を6月から停止しました。

 

16年3月期の積立傷害保険の大手3社の保険料収入は、合計で約500億円でした。

 

積立型の保険は、バブル期には各社が販売を増やしましたが、その後は金利低下とともに魅力が薄れ販売額が減少していました。

 

マイナス金利政策を受け、損保会社にとっては商品の販売による利益より、管理するシステム維持費の方が重くなっています。

 

すでに生命保険会社も一時払い終身保険などの販売を相次いで停止しており、こうした動きが今後さらに広がっていきそうです。

 

2016.04.19 /  ┗ 損害保険(火災・地震・自動車)

地震保険を補てんする方法 (その1)

 ┗ 損害保険(火災・地震・自動車)

地震保険を補てんする方法 (その1)

 

 

地震の被害を金銭的にカバーするのが、地震保険です。

ですが、この地震保険の付帯率は、おおむね30%程度です。

 

今後、発生するかもしれない大地震に対しどうしたらいいでしょうか?

ご自身の所有のマイホーム、まだ住宅ローンも終わっていない場合

地震により倒壊してしまったら・・・大変なことになります。

 

まずは、地震保険に加入しましょう。

地震保険は火災保険とセットになっていますので、

火災保険だけしか加入していないのであれば、

加入した保険会社に問い合わせて、見積りを依頼してくださいね。

 

地震保険の前回書いたブログはこちら

http://ameblo.jp/yy-hoken/entry-12150781280.html?frm_src=thumb_module

 

 

さて、地震保険では建物が全壊しても最大50%の補償しか、受けられません。

2000万円の建物が全壊して地震保険金が支払われたとしても10000万円

1000万円では同等の家は再建できないし、住宅ローンも完済できないかもしれません。

裸一貫、もしくは二重ローンで金銭的に、苦しい生活になります。

 

※二重ローンのについては東北大震災を教訓に救済措置があります。

勤務先の被災による解雇、給料のダウンなど適用される条件があります。

詳しくはこちらをご参考ください。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/shinsai/loan.html#personal

 

 

そこで上乗せして考えられる保険が地震補償保険です。

 

地震保険と地震補償保険の違いはこちら ↓

http://www.jishin.co.jp/product/prepare/resta_difference.shtml

 

メリットは

火災・地震保険に加入しなくても単独で加入できます。

今の地震保険の不足金額をカバーでき、罹災証明書があれば、支払われます。

見積りも家族の人数で最大900万円まで加入できます。

※地震発生中の九州地方の方はご加入できないです。

 

デメリットは

持ち家の方対象のため賃貸の方は加入できません。

一部損の場合は、補償対象外で支払われません。

気になる保険料をシミュレーションしてみました。

兵庫県・木造・家族4人・700万円で、月2040円でした。

700万円は、被災地から避難して生活する仮住まい費用に充填するという趣旨で

活用できるでしょう。

賃貸でも敷金・礼金・家財道具一式を考えると、700万円でも不足するかもしれませんが、

加入していないと大変です。

 

 

地震保険に加入していない、または加入していても金額が不足なので心配

という方は、地震補償保険(少額短期保険)を検討されてはいかがでしょうか?

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ