山下FPブログ記事

2020.06.21 / セミナー&メディア

安心とお金を手に入れる★アラフォー女性のためのライフプラン&マネープラン

セミナー&メディア

 

 

コロナの影響でリアルセミナー開催よりも、オンライン講座に魅力を感じ試行錯誤で、

自作自演(笑)上記コピー入りデザインを作りご案内させていただいております。

講座タイトルは、「アラフォー女性のためのライフプランとお金の講座」です。

なぜこの講座を開催するのか?noteしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー女性と親の介護

 

 

私アラフォーの時、自分を振り返り思い出すのは、むちゃくちや忙しかった。子供が2歳で保育園と仕事と家の三角形のルーティーン。心の余裕がなかったです。そんなアラフォーを通り過ぎた私ですが・・・

FP相談に来られる独身アラフォー女性の悩みは、「老後資金」と「仕事の不安」です。いつまで今の会社で働く?働けるか?また最後まで定年を迎えたとして、「老後資金」は大丈夫か?それがメインです。その先の「自分の介護」にも多少関心があるようですが、医療従事者など、介護事情に詳しい方以外、自分の介護を本気で相談する方は少なく、「介護状態になるとお金がいくらかかるのかなぁ」~という感じです。

みなさん忙しく、気になるけど、実際の老後生活で起こりうる問題を察知し、解決まで至らない方が多いと思います。バタバタしていて、あの件が終わったらこれ、子供の件が落ち着いたら今度はこれ、など先延ばしする理由がいくらでもありますから。

手が付けられないまま、時間がずるずるとすぎると、何が起こるか?10年経過するとアラフィフ、そう50歳前後。ここで多くの方が自分または夫の親の介護問題に突入です。

私の両親二人とも要介護と要支援の認定を受け、がん、高脂血症、エコノミー症候群などの疾病を複数かかえております。こうなると親にお世話に時間や労力をとられ、自分の「老後」のことはさらに先送りになるでしょう。つまりアラフォーで老後生活の必要な対策をしておかないと、そのもっと先は考える機会さえないということです。

幸い私は仕事はFPですから、自分の老後や介護についてプランニングしておりますが、一般の方が、アラフィフとなり親の介護で翻弄される前に必要な知識を身につけ、最低限のことはやっておいたほうが良いということをピックアップして講座でお伝えしようと思いました。

 

 

 

 

 

 

女性は思っているほど長生き・・・

 

 

 

人生100年時代と「ミミタコ」状態?は私だけかもしれませんが、このテーマを取り組んでしみじみ思います。50歳以上のライフプランがみなさん、ノープランだということを・・・。ライフプランを相談される側として思う事ですが、20代、30代、40代は忙しすぎてライフプランなど立てなくても、とりあえず目の前の課題を片付ければ事足ります。

問題は50歳からのライフプラン、50歳から100歳まで10年ずつ区切ったとしても5ブロックあります。これを人生の前半と同様に生きるには、お金が潤沢にあり、かつ健康であり続けることですが、この両方が難しいです。

100歳まで生きる確率 厚生労働省資料

この図は80歳・90歳・100歳まで生きる確率を表にしたものです。(厚生労働省出展)1980年生まれの申年さんは今年40歳。その方が65歳まで生きると80歳まで生きる確率は91%・・・ほぼ全員。90歳まで生きる確率69%・・・10人に7人。100歳までは20%・・・5人に1人。ほぼ全員の方が80歳まで生き、7割の方が、90歳まで生き、90歳~100歳の間でなくなるという予想です。



2025年問題をご存じでしょうか?

 

 

2025年問題(2025ねんもんだい)
団塊の世代が2025年ごろまでに後期高齢者(75歳以上)となることにより、医療費など社会保障費の急増が懸念される問題
医療費自己負担が3割国負担7割が逆になる可能性も出ている。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

後期高齢者人口が約2,200万人に膨れ上がり、国民の4人に1人が75歳以上のため、医療費や介護の国の負担増加、年金受給者の増加により、財源不足となり、社会保障制度の大きな見直しが迫られることになります。

このことにより、アラフォー世代の方が80歳、90歳になる時には、国民全員が均一の良質なサービスを受けることができる制度が維持できているとは考えにくく、自助努力が必要なことがわかります。



老後資金はいくらあればいい?




 

 

「老後資金いくら必要ですか?」とご相談をお受けしますが、逆に「いくらあればやっていけますか?」とご質問します。つまり目指す老後は人それぞれで、2000万円必要な人もいれば、1億円あっても足らない人もいます。なので、おすすめは、漠然とした不安を解消するため、ご自分が送りたい老後の生活にはいくらかかるか?アバウトでもいいので試算することです。

人によっては「なんだ、思ったより少ない。余裕がありそう」とか「こんなに必要?どうしましょう・・・」という方もいるかもしれません。ですが心配不要です。

ご自身はまだアラフォーですから、「老後資金を作る」時間はあります。あとは自分の老後をいかにリアルに考えられるか?という「想像力」と「マネースキル」「行動力」です。講座では老後資金がいくら必要か?具体的に計算するワークを入れています。

ちなみに、2000万円老後資金が足りない!問題ですが、あの2000万円の試算の前提には、住宅ローンを入れておらず、(退職金で完済)旅行、病気・介護や住宅リフォーム、葬儀・整理費用などは含まれていない計算です。

コメント 2020-06-21 154027

コメント 2020-06-21 154101

夫婦2人の生活費26万円の内訳をみると、税・社会保険の負担が2万8千円ほどありますが、アラフォー世代の方々が60歳になるころは、この金額がさらに増えていると予想されます。余裕をもって今から準備しておくと安心です。

 

 

 

 

 

少しでも早いスタートが明暗を分けます

 

 

アラフォー女性は、10代や20代と違い、良質でよいもの価値を知っている世代です。「安物買いの銭失い」をよくお分かりですから、すべてではないにしても身の回りの品や暮らし方が上質で、素敵に暮らされています。ご自分が稼いだお金、ご主人や親からのお金をどのように使おうとさしでがましいですが、「ご自身の老後のために投資にまわしたら?」と思います。

お金は預金で増やすことより投資で増やす

コメント 2020-06-21 160138

              金融庁H29・6月資料より

上記グラフは金融庁の資料から引用いたしましたが、預金でお金を増やそうとしても、A定期預金は全く増えませんが、C国内・先進国・新興国の株と債券に分散投資したら15年で80%増えたことになります。2008年のリーマンショックでガクーンと下がっていますが、また上昇しコロナでまた大幅に下がったとは思いますが、長期投資でお金を増やすという観点では、定期預金では増えないということです。

安心、安全にお金を増やすには、一刻も早く老後資金作りに取り掛かる事がマストですが、その金融商品が定期預金では増えないので株や債券などに投資することになります。

資産運用している間にもリーマンショックやコロナショックなどの経済ショックに見舞われる可能性がありますから、現役の時から、コツコツ長期投資していくほうが無難でしょう。投資はお金がある、なしではなく、「時間」をミカタに少しずつでもよいから、早い段階で・・・がキーワードです。







まとめ

なぜアラフォー女性を対象として・・・というのは少しは伝わりましたでしょうか? アラフォー女性はほぼ全員が80歳を迎え、7割が90歳まで生きます。2025年問題より日本の医療と介護の国の財政は壊滅的です。でもアラフォー女性は人生を一番謳歌している充実世代で忙しく、自分の老後まで考え及ばないことでしょう。ただ10年時がすすみアラフィフになると一気に親の介護に直面します。中には、介護離職を迫られる場合もあります。あまりに重いテーマで考えたくないかもしれないですが、アラフォーの間に最低限自分の老後に対しやるべき課題をお伝えしたいと思いこの講座を開催することにしました。オンラインで全国どこからでも参加可能です。

詳しくはこちらをご参照ください。↓

 

手に入れたい安心とお金★アラフォー女性のライフプラン&マネープラン

 

 

 

 

 

2020.05.10 / セミナー&メディア

5月のオンラインセミナー予定です!

セミナー&メディア

山下FP企画 山下幸子・マネー講師のオンライン講座5月の予定です。

只今、コロナ禍の影響で、リアル講座からオンライン講座に移行中

山下FP企画ライン公式アカウント登録の方には、講座料50%~90%オフで

受講できる特典が付いています。よろしければ、事前に登録をお願いいたします。

登録はこちらから

 

山下FP企画 公式ラインアカウント

 

 

 

 

お金に強くなる!毎日10分で読める初めての日経新聞の読み方講座

日時 5月23日(土)10時~11時30分

   5月30日(土)10時~11時30分

 

経済新聞(日経新聞)を初めて読む方という初心者さん向けの講座です。

お金の情報を取り、自分の人生に役に立てるためには、「投資」「資産運用」だけでなく、生活経済(住宅購入に関する知識、住宅ローン、教育資金や老後資金、家計のやりくり、

金融機関の選び方や税金や年金、社会保険の知識)の知識が読んでいるうちに自然に身につきます。

紙の新聞以外に、電子版もありますので、紙の新聞と電子版の違い、それぞれの読み方のコツについてご紹介いたします。

<この講座のゴールは?>

初めて日経新聞を読む方が、挫折しないよう、一日10分で読める「コツ」をつかんでいただきます。

長期ゴールは、良質な取材された裏付けのある報道や読みもの、テーマを追いかけて記事を読むことなどを通じ、自分で経済の見通しを考えられる力を身につけることです。

 

 

 

お申込みはこちら↓

お金に強くなる!毎日10分で読める!初めての日経新聞の読み方講座
     
受講されたお客様のお声
●30代男性

この講座は「日経新聞との真の出会いが得られる講座」でした

15年前。とある真面目な大学生は、これから始まる新生活に目を輝かせていました。すべての選択は自由だ。新聞だってどこの会社でも選べる。

日経新聞は、、、読んだことないけど難しそうだからやめとこ。
あっさり除外されてしまいました。

時は流れ、、、
インターネットが普及し情報は取りに行く社会へとなりました。そしてコロナ不況が懸念されるなか、社会人となった彼は思いました。

自分を変えなくてはいけない。。。日経新聞?それだ!
それが日経新聞との真の出会いでありました。

この講座では日経新聞を読むコツを教えていただけます。
本当に10分あれば必要な情報を得られます。

山下からのコメント
日経新聞を10分で読めるコツの「コツ」をつかんでいただき、ありがとうございました。日経新聞は専門用語があって、難しそう・・・というイメージがあり、スマホでお手軽に無料の情報が氾濫する中、質の高い情報に接する機会が少なくなることを危惧しております。毎日10分の経済新聞を読む習慣が、ゆくゆくは大きな力になって、WITHコロナを生き抜く時代に、ライフプラン&マネープランの参考になれば、望外の喜びです。

 

 

 

●女性 40代
この講座は「楽しく学べる講座」でした

新聞記事のスクラップ、素敵でした。自分も挑戦したいと思いました。

2020年3月 受講

 

 

 

 

●女性 30代
この講座は「新しいキッカケができる講座」でした

何も知識のない状態でも1から丁寧に説明していただき、終わるころには自分でもがんばれそうと思う講座でした。
また少人数制なので、置いてきぼりになる心配もなし。
気になっている方がいたら、是非受けていただきたいです。

 

 

 

●2020年2月 受講

男性 50代
この講座は「大変価値ある講座」でした

情報収集のひとつに日本経済新聞を挙げられています。
 
膨大な情報を短い時間で、
効率よく自分のものにできるコツを
楽しく教えて頂きました。
  
講師の山下さんが実践してる方法を元に、
私の職種にあったアドバイスは的確で、
「なるほど、そうなんや」
と気付きがありました。
  
話しが盛り上がって、
予定の2時間を超えてしまいました。

 

 

 

 

 

 

副業前に行う資産形成の基本《お金に対する自信と安心感を手に入れる》

 

 

日時 5月16日(土)19時~20時30分

   5月23日(土)19時~20時30分

 

 

 

今回のコロナショックはリーマンショックの
何十倍もの破壊力だとも言われています。

それって、不安!!


「これから生活していけるのかしら?」
「なにか副業をしないと…」
「転職を考えたほうがいいかも?」


このような考えが頭をよぎってしまいます。


でも、こんな時だからこそ、
やみくもに副業や転職、
よくわからない投資に手を出してはいけません。


お金に対する不安を感じているなら
まずは安心感と自信を持って行動することが
何よりも大切です。


私たちが安心し、自信を持つためにやることは
「今すぐできること」「今すぐすべきこと」を
見つけることです。


これは『ご自身の人生設計』や『マネープラン』を立て
行き当たりばったりのご自分と決別することで
手に入れることができます。


他人の貯金や収入と比較する必要はありません。
自分にとって本当に必要なものは何でしょうか?


まずは、具体的な数字を把握しましょう。


・お金はいくら必要?
・いくら不足している?
・どのように用意する


その上で、自分も働きつつ
「お金にも堅実な投資方法」で働いてもらう
「資産形成」をスタートしませんか?


そうすれば、
ご自分がリタイアメント生活になった時にも、
「自分の代わりに働いてもらったお金」が
あなたを守ってくれます。


お金がないから投資ができないというのは「誤解」です。
お金に苦労しないよう心配な方は、
少ない金額からでもよいので
「今すぐ」始めるべきなのです。

お金の知識で格差が生まれる日本


早い段階で、コツコツと資産形成をしていれば、
「老後資金が2000万円で足りる、足らない」など
退職前の老後の不安で悩む必要はありません。

それなのに・・・


「投資はこわい」というイメージで、
お金の勉強をしない人を見ていると、
歯がゆい気持ちでいっぱいになります。


日本の学校では、お金の勉強を教えてくれません。
お金の勉強は自己啓発の世界になっています。


だからこそ、お金のことを
知っている人と知らない人との「格差」が
大きく出てくるのです。

マネーリテラシーを身につけよう


お金の知識を持ち、
それをうまく活用する能力のことを
「マネーリテラシー」といいます。


この「マネーリテラシー」が低いと
頑張って苦労したお金を投資しても
お金は効率的に増やすことができません。


あるいは、マイナスになったり、
さまさまな局面でよい選択ができず、
損をしてしまうのです。


この講座では、資産形成や投資をはじめる方が、
最低限身に着けるべき「マネーリテラシー」をお教えし、
将来お金に苦労しない、安心できる生活が
送れることを目指します。


この講座の終了後には、
あなたは「明日何をすべきか?」の
明確な答えを持っています。

*********************


<こんなことを学習します>


マネープランは『お金』を


①楽しみながら「使い」
②ムダを省いてしっかり「貯め」
③自分も働くけれどお金にも働いて「増やす」


この3つバランスが大切です。


ケチケチ節約ばかりでは、
人生を楽しむことはできません。、


使う時は使う!
でも、ムダな使い方はしない!
そして、人生100年という長い時間を
ミカタにコツコツお金を殖やすこと・・・・


これが正しいお金との付き合い方です。


<講座の流れ>

前半
 ①なぜ資産運用が必要なのか?
 ②そもそも、いくらぐらい老後資金が必要か?

後半
 ①資産運用の基本とは?
 ②リスクとリターンの関係とは?
 ③失敗しにくい投資方法とは?
 ④節税をしながらお金を殖やす投資方法
  第三の年金といわれるiDeco(イデコ)ってなあに?
 ⑤どこで手続きしたらいい?金融機関の選び方


講座の前半では、
リタイアした後にお金がいくらぐらいかかるかを知り、
ご自身はいくら必要なのか?計算します。


目標や具体的な数字がわかるので
漠然とした不安もなくなります。


そして後半では
預金とは違う「資産運用」の
基本の「き」を学びます。

 

 

<こんなことが出来るようになります>

 

①漠然としたお金の将来不安より、前向きに、明日から、ご自身がなにをすべきか?わかります。

②資産運用は苦手・・・といった投資初心者の方々が、本業の仕事をしながら、あるいは副業をしながらできる、ほったらかしの投資方法が分かります

③多くの方が、最初につまずく、金融機関の口座開設をどこでやったらよいのか?判断基準がわかります。

 

 

<こんな風に教えます>

講師の一方的な説明にならずに、
ZOOMではみな様が全員参加型で、
講義を進めていきます。

90分の間に1回、休憩を入れて
お疲れにならないようにします。

 

 

お申込みはこちら↓

副業前に行う資産形成の基本《お金に対する自信と安心感を手に入れる》

 

● 30代女性
この講座は「お金の基礎をアットホームな空間で家から学べる講座」でした

お金を戦略的にどう活かしながら100年時代を生きるか、ということについて学べました。
コロナ禍でますます混沌とする中で、お金との向き合い方を基礎から丁寧に識ることができてよかったです。

先生からのコメント
この度は、オンライン講座にご参加くださり、ありがとうございました!コロナ収束後は、働き方や価値観、幸福度も変わってくると思います。どんな環境の変化にも対応出来るように、ちょっと長い視野で人生設計、戦略を立て、コツコツ実践していきましょう!ご参加ありがとうございました。


●30代男性
この講座は「資産運用の大切さがわかる講座、」でした

これまで資産運用は怖いというイメージしか持ってませんでしたが、今後のライフプランの中でどれくらいお金が必要なのか目標をたてること、それに向けてどのような資産運用をする必要があるかということを学びました。講義終了後もざっくばらんにお話をしていただき、お話も非常に面白くあっという間に時間が過ぎました。

●女性 40代
この講座は「為になる、やってみようと思う投資講座」でした

幸運にマンツーマンで受講でした。質問にもわかりやすく、的確にアドバイス頂きました!
老後資金2000万円問題。不安がある方にオススメします。


●女性 20代
この講座は「とても有意義」でした

 勉強会という形をとるセミナー受講は初めてで、受ける前はとても緊張していたのですが、先生がとてもフレンドリーな方で、質問等も気兼ねなく行うことができ、知りたいことを隅々まで学ぶことができました。
 お金の話という難しく幅広い分野でしたが、しっかりとしたテーマ設定と明瞭な論理展開で非常に分かりやすく、ネックとなっていたこの分野に対する取っ付きにくさを取り払うことができました。

●女性 50代

人生100年の時代は、すぐそこで、健康と共にお金の問題も重要です。
どのように運用するかが大切で、
楽しく、わかりやすく、実践できる内容でした。
また、参加したいと思います。

2020.03.03 / ニュース&トピックス

WEB講座・全国対応・【公務員、会社員のための資産運用講座】 開催します!

ニュース&トピックス

 

オンライン講座開催のお知らせ

 

新型コロナウイルスの影響が収まるまで、オンライン講座を開催することになりました。

 

オンライン、ZOOM講座になります。

 

受講方法は、ご自分のパソコン、スマホ、で私からお送りするアドレスをクリックするだけです。

受講料は5000円→3500円(先着2名様早期割り引き)ですが、それ以外は必要ありません。

アプリや専用ソフトの事前準備も不要です。(とっても簡単ですよ~)

 

オンラインですから、インターネット環境があれば、どこでも可能です。海外からでも!

講座までに受信できるか?不安な方は、30分前にスタンバイしていただき、始まる前に

私が確認させていただきますので、安心してお申し込みくださいね。

 

 

会社員、公務員のための資産運用講座を開催する理由は?

 

はじめてこのページをご覧になる方は、私のプロフィールをご覧ください。

資産運用講座はたくさんありますが、特にこちらでは、会社員、公務員を対象にさせていただいております。

単純に、投資をしていくら稼げるといったものでなく、自分にとって、資産運用とは?なぜ投資が必要なのか?必要ならば、いくらのものをいつまでにいくら必要なのか?等を計画するマネープランを考えていただきます。

私自身の経験も含め振り返り、言えることは、投資とは不確実性がつきまとうものです。ワクワクドキドキするものではないのですが、残念ながら、日本人の投資教育は遅れており、投資といえば、危険で怖いものというイメージがあるようです。これでは、いつまでも投資ができません。

2月にはいってコロナウイルスの関係で世界経済に大きな影響を受け、世界同時株安、円高と日本にとって痛い打撃ですが、こんな時だからこそ、この経験を活かし長期計画でお金を育てていくまっとうな資産運用を学んでいただきたいと思います。

会社員、公務員の皆様は、勤務の拘束時間が長く、休みもつぶれることが多く、なかなかお金の勉強をする機会も取れないことや、わざわざ講座会場に出かける交通費や時間ももったいないため、インターネット環境があればどこでも受講できるZOOM(インターネットテレビ会議)で講座を開講するこにいたしました。

私より配信するアドレスをクリックするだけで、参加できます。(全国どこからでも) インターネットの良いところは、距離のハンディがない事です。北海道~沖縄まで日本全国の方に

インターネット回線で、スマホで、パソコンで講座を受講できますから・・・。

 

このような事を学びます

2000万円、老後資金が足りない問題って
何が問題?

なぜ資産運用が必要なのか?
日本の公的年金、社会保険は今後どうなるのか?
そもそも、いくらぐらい老後資金が必要か?

資産運用の基本
会社員・公務員が得をする資産運用とは?
自分にあった資産運用とは?
ドルコスト平均法とは?
金融機関のベストな選び方

 

こんなことが出来るようになります

漠然としたお金の将来不安がなくなり、
これから、ご自身がなにをすべきか?わかります。

また資産運用は苦手・・・
といった投資初心者の会社員・公務員のみなさまが、
仕事をしながら、ストレスのない資産運用方法もお教えします。


資産運用イコール、難しくて私には無理!と
苦手意識を持っている方が、
これならわたしにもできそう!
という投資方法や金融機関の選び方など
分かるようになります。

 

 

こんな風に教えます

講師の一方的な説明にならずに

参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

 

このような方におすすめです

会社員、公務員等、企業にお勤めで
お金の勉強、資産運用について興味がある男女

投資をしながら、税金の節税もできる方法を学びたい方

株の値動きなどにいちいち気にすることなく、
ストレスフリーで気楽に投資をはじめたい方

会社の退職金制度に不安を感じている方。

自分年金を一から作りたいと真剣に考えている方

老後のお金がどんなものに、いくら必要か学びたい方


※金融機関(銀行・証券・保険会社)にお勤めの方、ファイナンシャルプランナー、講師業、フリーランスの方は、対象外となります。参加申し込みされないようお願いいたします。マネー知識習得する機会のない方のための勉強会です。ご理解のほどお願いいたします。

 

 

ご用意いただくものと注意点

インターネット環境

パソコンやスマホ、タブレット

ZOOMが初めての方でも不安なく受講できますが、ご心配な方(今回が初めての方など)は、開始30分前からログインしていただき、ZOOMの使い方・注意点などご説明いたします。

皆様安心、安全な環境で受講していただくため、お顔出しをしていただくことが条件となります。(お顔出しできない方は退出していただきます)

また、私からの一方的なお話になりますと、講義になりませんので、呼びかけましたら、ミュート(自分の音声がみなさんに伝わるボタン)を解除して、お話してください。

ご自宅で受講とはいえ、食事をしながら聞くこと、部屋でほかに大きな音がする環境で受講すること、講義を録音、録画すること、パソコンのキーボードを打ちながらメモをとること、スマホでSNSを見ながら講義に参加することは、禁止行為とさせていただきます。(発覚した場合は、退出していただきます)

スマホは途中、電池切れになったりする場合がありましたので、充電をしっかりしていただくことをお勧めします。(充電切れで参加できなくなった場合、再受講できません)

 

開催日時

4月19日(日)  10時30分~12時

       14時~15時30分

       17時~18時30分

終了しました!

 

 

4月25日(土)  10時30分~12時

       14時~15時30分

       17時~18時30分

 

4月29日(水)10時~13時30分

 

お申込み方法

 

ストリートアカデミー(ストアカ)より講座の申し込みをお願いいたします。

お申込みはこちら

 

参加特典

5000円のところ、先着2名、早割にて3500円で受付中

 

※こちらのZOOM講座は

SNSなどでも受付しておりますので、お早めにお申し込みください

 

 

講師山下からのメッセージはこちら

 

 

 

 

 

参加された受講生さんのお声

 

〇 この講座は「資産運用の大切さがわかる講座」でした。

〇 この講座は「為になる、やってみようと思う投資講座」でした。

〇 この講座はとても「有意義」でした。

〇 この講座は、マネー美人第3弾でした。

 

↓ (ストアカ)さんのレビューより抜粋

 

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ