山下FPブログ記事

2019.12.04 / ■お客様の声

お客様のお声・・・100万円、得しました~(ZOOM相談)

■お客様の声

 

 

ZOOMでコンサル、おかげで100万円浮いたお話

遠方なので、ZOOMでFP相談。マイホーム購入の際は、検討事項が目白押し。相談の概要は、この家を本当に買ってよいのか?後悔したくないので、どんな点に注意すべきか?

不動産屋さんとのやりとりや確認事項、不動産は全く同じものがないし、その家族構成によっては、ライフスタイルによっては、ご自分にあった物件なのか?素敵な物件でもそれはご自分に合わない場合もあるので、個別に検証する必要があります。

世間では、価格が・・・立地が・・・マンションが・・・戸建てが・・・など比較されているようですが、自分にあったライフプラン、人生設計にあった「住まい」「終の棲家」であるべきです。

完璧な住まいはありませんので、どこを優先させるのか?順位をつけ、総合的な判断を軸に決定すると間違いないと思います。

絶対失敗しないマイホーム購入術はこちら

 

 

 

中古戸建のリフォームで予算500万円

 

新築は高くて、どうしても手が出ないので、中古戸建にしました・・・。リフォームをして我慢します。

資金計画をすると、手持ちのお金500万円をつぎ込むか?それも含めて住宅ローンを組むか?

どちらも、その方のライフプランを考えると得策ではありません。

手持ち資金500万円がなくなる→子供の教育資金の持ち出しが増える

リフォーム代500万円を住宅ローンに組む→老後資金に影響

 

リフォーム代500万円の内訳をうかがいますと、やはり水回りを一新したいということでした。

築10年だからけして使えないものではありませんが、クライアント様は当初「新築」を希望されていました。

なので、中古のバス・トイレ・キッチンに抵抗があったのはすごくわかります。

住宅ローンを増やすことは年収から考えると容易ですが、住宅ローン500万円増えると老後資金の貯まり具合に

影響してしまうことは、多くの方がシミュレーションをしないで購入しているので、わからないのです。

少し増えた返済金額をみて気持ちだけでなんとかなると決断されているようです。

 

リフォームは後でも大丈夫、それよりも購入前に確認すべき点は?

中古戸建を選ぶ際、重要なことは、新品のキッチンや「お風呂」でなく床下の「しろあり」にやられていないのか?

前の持ち主さんが、きちんとメンテナンス「防蟻処理」をおこなったいたか?震災に耐えうる仕様なのか?が重要です。

外観や内装が素敵でも、家の基礎がガタガタですたら、目も当てられません。

お家を買うほうはどうしたも「美観」重視になりますが、この基礎や床下だけはお金がかかっても確認しましょう。

新品のバスユニットに変えたい気持ちがよくわかりますが、清掃業者で高圧洗浄・消毒をしたらこの場合は、十分使えるため

落ち着いてゆっくり検討したほうがよい、むしろ基礎の確認をお願いしますとアドバイスさせていただきましたら、

ご相談者様が、すごくあかるい声になって、私の真意を理解していただきました。

 

そしてこのコンサルで「おかげで、100万円浮きました・・・得した気分です。お風呂のリフォームはガスがまが壊れたときに見直します」

と喜ばれました。すべてを完璧にというのは、予算がある以上無理なので、どこを優先されるのか?ご自身で整理できたようですね。

 

マイホームは購入した後も計画が必要

不動産の価格交渉も大事ですが、なん十年これから住み続ける住まいです。

コスト意識は目先のお金だけでなく、

 

 

・住宅ローンの選択 (金利上昇じでも大丈夫か?)

・住宅ローンの繰り上げ返済計画

・住宅ローン控除の税金の戻りの活用

・メンテナンス計画 (屋根の修繕、水回りの修繕、外壁、植木など)

・もしも転勤になった場合は?

・両親が介護で同居する場合は?

・自分が介護になった場合はどうするのか?

住宅ローンがおわった後も活用できる住まいなのか?ご自身のライフスタイルにあった家選びをしていただきたいですね。

 

絶対失敗しないマイホーム購入術はこちら

 

 

 

2019.11.14 /  ┗ FP相談終了後のご感想

住宅購入診断プレミアム/宝塚市・秋田みお様・40歳・独身OL

 ┗ FP相談終了後のご感想

住宅購入診断プレミアム 体験談

 宝塚市在住 秋田 みお様(仮名) 40歳 独身 会社員

 

 相談しょうと思ったきっかけは、もしもこのまま賃貸だったら?

 最近人生100年時代・・・とか老後の生活費2000万円が必要と世間で騒がれているみたいで、会社を退職してから30年も老後生活とは考えたくなかったのですが、もしもこのまま賃貸だったら・・・と不安になって相談することにしました。

退職してから、両親と同居をして親の面倒をみながら、生活するのかな?とぼんやりと考えていましたが、最近弟が両親の家を壊し二世帯住宅を建てましたので、その計画はなくなり、自分の身の振り方を考えなくてはいけなくなったことも相談のきっかけです。

 

 

山下FPのできること・・・住宅購入診断プレミアム

 

 

年金以外に老後の生活費は追加10万円!

 

老後の生活を考えるうえで、公的年金を試算して目が覚めました。今の生活水準から考えるととても年金だけではやっていけず、追加で10万円/月必要です。

家のローンは当然完済しているのが前提なので、25年の住宅ローンでいくらの家が買えるのか?老後資金はいくら必要か?もしも病気になって働けなくなったら?とか心配がどんどん膨らんで、山下さんに「大丈夫、ひとつひとつ解決していきましょう!まじめに働いて不幸になる世の中ではありません」と何の根拠があるのかわかりませんが、笑い飛ばしてくれて頼もしかったです。

 

 

予算オーバーが命取りになることも・・・あやうくセーフ

65歳定年ですが、退職金は将来自分が介護状態になった時に備えるため、家賃なみで返済できる住宅ローンを計算してもらい、不動産屋さんにその予算をオーバーしないように探してもらいました。あと予算を500万円プラスしたらとても住みたい家が見つかり、不動産屋さんもローン審査が通れば大丈夫!と言われましたが、山下さんのシミュレーションでは老後生活に響く結果になるのでやめました。自分では返済がちょっと増えるだけでは?と思いましたが、金利負担と貯蓄スピードがその分遅くなることが致命傷になる指摘され、山下さんという相談できる人がいないと何とかなると思い購入したかもしれません。

 

中古マンションを値引き交渉

 私の場合は中古マンションですので、良い物件なのか?物件選びが難しく、私がラインで詳細情報を送り山下さんの質問を不動産屋さんに取り次ぐというやりとりが続き、山下さんの質問がうまく伝えられず、最後は直接不動産屋さんに話をしてもらって・・・ありがとうございました。

 住宅ローン審査もOKとなり、ようやく念願のマイホームの引き渡しができたとき、今までの苦労が報われたような気がして、うれしかったです。

 がんばって返済していきますが、言われたように老後資金も貯めていきます。宝塚に永住し終の棲家とする覚悟ができました。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

                     

2019.11.13 /  ┗ FP相談終了後のご感想

住宅購入診断プレミアム/神戸市・山田一郎様・38歳・会社員/体験談

 ┗ FP相談終了後のご感想

        
 
神戸市の山田一郎様(仮名) 38歳男性・会社員

 

相談しようと思ったきっかけは?


そろそろマイホームを購入しようと決意しましたが、いくらぐらいの家だったら無理なく返済できるのか?新築戸建?中古マンション?など、家選びから迷うところもあり「住宅購入診断プレミアム」を申し込みました。

 

山下FPができること・・・住宅購入診断プレミアム

 

 

自己資金が予想よりも少ないことに焦りました

最初に、資金計画をしましょう…と言うことで住宅に使って良い自己資金はいくらか計算することにしました。預金は全額マイホームにつぎ込む計算でしたが、引っ越し代、カーテンや家具、マイホーム購入後必要になる大きなお金(車検・七五三のお祝い・子供の英会話教材)などを計算すると3,000,000円位現金を手元に残さないといけないことがわかり、思いのほか自己資金が少ない事に焦りました。

 

妻が早期退職したいといいだして・・・

とりあえず自己資金が決まると次に、無理なく返済できる住宅ローンを考えましたがここで問題発生。妻は正社員で働いていますが、50歳長くても55歳で退職したいと言い出して、共有名義で買うつもりのため山下さんに、妻が50歳で退職するケースと65歳まで働くケースでいくら返済金額が変わるのか?試算してもらいました。
結果、妻が50歳で仕事を辞めてしまうと、繰り上げ返済のスピードが落ち、定年退職までに完済できないことがわかりました。

 

マイホーム購入は「定年後」?

家を買わないで賃貸で暮らし、定年退職後に中古マンションを買う提案をいただきましたが、会社の家賃補助があと5年で打ち切られるため、賃貸でまるまる120,000円の家賃を自腹で払うのは抵抗があります。
妻が退職すると大変なことがわかり覚悟が決まったようです。結論として妻は65歳まで働く退職まで働く予定で新築の戸建てを購入することにしました。

 

不動産の価格交渉


気に入った物件が見つかり急にバタバタ忙しくなり不動産屋さんとの打ち合わせ、銀行のローンの申し込みなどの手続きなど、もっと時間にゆとりがあればと思いましたがその間大事な不動産の価格交渉住宅ローンの相談まで一貫して相談に乗っていただき助かりました。

 

ハザードマップ??

マイホームを決めるその前に山下さんにハザードマップから水害の事故率、台風の被害率等のデータも教えてもらっていたので安心して購入できまた。振り返ってみると、よく考えもしないで決断すると妻が50歳で辞めた場合に後々苦しむ可能性がありましたので、多少の費用がかかっても相談してよかったと思いました。 1つお願いですが今後のフォローアップをお願いしたいのです。これから第二子が生まれることも想定して引き続きどうぞよろしくお願いします

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ