ニュース&トピックス

2015.11.19

マイナンバーが届いたら

マイナンバーが届いたら

 

12桁のマイナンバーが記載された「通知カード」が、住民票の住所に簡易書留(世帯主宛)で今月から順次送られてきます。

 

マイナンバーは、税の手続き・医療保険や雇用保険などの社会保障・災害対策で行政機関の窓口や勤務先などに提示が必要な場合がありますので、無くさないように大切に保管しましょう。

 

さらに来年1月から希望者に、「通知カード」と引き換えに「個人番号カード」が無料で交付されます。(申請は任意です。)

 

これは身分証明書にもなる顔写真付きのICカードです。

 

行政機関等での手続きには「通知カード」以外に本人確認書類(運転免許証等)が必要ですが、「個人番号カード」があればこれ1枚で可能となります。

 

具体的には、公的な身分証明書、e-Tax等の各種行政手続きのオンライン申請、コンビニでの住民票などの発行、図書券借出券として利用できます。

 

申請方法には、郵送またはパソコンで申請し市役所で受け取る方法と、市役所で申請し自宅へ郵送してもらう方法の2つがあります。

 

どちらの方法でも、必ず一度は本人が市役所等の窓口に行く必要があります。

 

また、住基カード(住民基本台帳カード)は有効期限まで使用できますが、「個人番号カード」を作る場合は申請または受取時に返還しなければなりません。

 

最近、マイナンバー制度に便乗した詐欺が急増しています。

 

トラブルや被害のご相談は、「消費者ホットライン188(いやや)」にお電話してください。

 

 

 

 

ニュース&トピックス月別アーカイブ