山下FPブログ記事

2020.05.27 / ■女性のためのライフプラン

オンライン ライフプラン診断

■女性のためのライフプラン

オンライン ライフプラン診断とは?

コロナ禍の影響で、世の中の働き方が大きく変わりました。

少子高齢化が加速度的に進み、老後不安を抱くのが当たり前だと思います。

将来の見通しがわからず、手探りの中で生活していくのは、

ご不安ではないでしょうか? 

 

その不安を取り除くために、「人生計画」、「ライフプラン」を立て、

予定通りのライフイベントを送れるか確認する事をお勧めしています。

※ライフプランとは?

 

 

今までは、プラン初回面談で、しっかりヒアリングをして2回目でライフシミュレーション結果を印刷して、お渡ししていましたが、

オンライン相談(ZOOM)の普及に合わせ、

60分のオンライン相談時間内にライフシミュレーション結果をご覧いただき、

後ほそれをメール送信させていただくことにしました。

 

オンライン相談(ZOOM使用)ですので全国対応です。どうぞご活用ください。

 

 

 

オンライン相談の流れ

 

 

           メールにてお申込み  

     

               ↓

          相談料のお振込み案内メール

 

               ↓

 

            相談料のお振込み

               ↓

 

       ヒアリングシート(WEB入力・送信)

       ※パソコン、タブレット、スマホからご入力

 

               ↓

       オンラインにて、ライフプラン診断(60分)

 

 

相談料金

 

         1万円+税(11,000円)

 

相談時間

 

          60分 

 

 

ライフシミュレーションでわかること

 

・今のような生活を続け、老後破綻しないかどうか?

・今のような貯蓄のペースで老後まで安心して生活できるか?

・マイホーム購入の適正な借入金額

・60歳以降のライフプランとお金(ゆとり)

・子供の進路コース・・中学、高校と私立へ行かせるなどで、お金が足りるか?

・子供2人を私立大学にき通わせることができるかどうか?

 

 

 

無料のライフシミュレーションとの違い

 

金融機関などでご自身で入力すれば、シミュレーション結果を得られますが、

それで安心できますか?

もしそれで、満足されるのでしたら、有料のシミュレーションを作成する

必要はありません。

無料シミュレーションは、アドバイスなどありませんから・・・。

 

作成したシミュレーション結果から、何を「改善」したらよいのか?

ココが一番重要なところです。

 

 

「何のために。シミュレーションをするのか?」

 

 

私は、約20年にわたりシミュレーションを作成してきましたが、

多くの方の場合、というかむしろ全員「改善の余地」があります。

完璧なシミュレーションなどありません。

 

むしろ、今はいいけど、老後は困るかも? 老後破綻予備軍もチラホラです。

問題点を先送りしてしまうと、「大きな問題」として取返しのつかないことに!

 

また、シミュレーションからは見えない部分、

たとえば「どんな家を買うのがよいか?」「実家の空き家と相続問題」

「生活費の内訳・やりくり」「子供の進路や教育問題」「資産運用方法」

「退職金」「保険の内容」「介護のための住まい」

「子供への贈与・もめない相続対策」など

ご自身では、気が付かない「問題点」も多々あります。

 

 

ここがもっと〇〇だったら・・・・もし〇〇にしたら・・・など

プロの視点での改善点を早い段階で着手することにより

「理想の未来、思い描いた生活」を手に入れる事が可能です。

 

 

ライフシミュレーションの見本は?

・キャッシュフロー表(CF表)

・リタイアメント後のキャッシュフロー表(CF表)

 

・遺族年金

・教育資金

 

・住宅ローン返済表

資産残高グラフ

 

改善点のアドバイス・フォロー付き

60分の間に、作成したライフプランシミュレーションの改善点をアドバイスさせていただきます。その後ご質問などありましたら、メールにてお答えいたします。(メールサポート付)

 

 

 

よくあるご質問

Q:自分でライフシミュレーションに必要な数字を入力できるか?心配です

A:完璧に入力したとしても、ライフプランシミュレーションは必ず誤差があります。もしご入力に迷われる個所がありましたら、オンライン相談時に私とご一緒に埋めていきましょう。サポートいたします。

 

Q:そもそもですが、家計簿などつけておりません。ライフプランシミュレーション可能でしょうか?

A:はい、可能です。家計簿をつけることは今後の課題とし、ライフプランシミュレーション作成には、毎年の貯蓄金額をお調べいただき、その他は支出したものとします。

毎年、今の貯蓄ペースを継続したとしてライフイベント(教育費・老後の生活)にさしさわりないか?安心できるか?などを検証します。

 

Q:ライフプランシミュレーションのパターンを2パターン作成してほしいのですが・・・

A:60分の相談時間内に、入力いただいた数字をもとに私のほうでヒアリングをしながら、確認作業をしていきます。別パターンをご希望の場合は、あらためて、別日程で、60分枠をお申込みください。

 

Q:ZOOMの使い方がよくわからないので、オンライン相談が心配です。

A:ZOOMが初めての方でも、安心してお使いいただけます。開始15分前にログインしていただきましたら、使い方もお教えいたします。

 またZOOM初心者の方にはこちらのサイトがわかりやすいので、ご覧ください。

 

お申込み方法

メールまたはお電話0798-36-4877(9時~20時)まで

2020.05.26 /  ┗ その他

ライフプランとは?

 ┗ その他

 

 

ライフプランとは「生涯の生活設計」をいいます。


私たちが生きていく上で送りたい「生活」に夢や希望、目標があると思います。

30歳で決婚したい!
35歳までマイホーム購入したい!
子供は中学校から私立に入れたい!
旅行は3年に1回は海外旅行にいきたい!

など具体的な「暮らし方」を計画することを「ライフプラン」といいます。

この「ライフプラン」に基づいて必要なお金(目標金額)を用意することを「ファイナンシャルプランニング」といいます。

ですが、残念ながら、「ライフプラン」を立てている方が少ないため、いざという時に、お金の準備不足が発生したり、目標金額の設定がないままひたすらお金を増やそうとするので、どこまでがんばって貯金をしたらいいか?わからず、「お金の不安」からいつまでも抜け出せない人がいます。

こうならないように、しっかりと「ライフプラン」を立て、

「いつ、何のために、いくら必要か?」目標金額を明確にし、それをどのような方法で用意し実行していくか?

「ファイナンシャルプランニング」が重要となります。

 

 

 


人生の3大イベントとその資金

人生の中で想定されるイベントは3つあります。

20代~30代は、教育資金の準備、マイホーム購入の頭金の用意
40代~50代は、住宅ローンの返済、老後資金の本格的な資産運用・管理
60代~は、いつまで働き続けるか?現役世代に蓄えた老後生活費の支出管理、財産管理

教育資金、住宅資金、老後資金は、用意する金額が大きく人生の三大資金と言われます。

では具体的に、だいたいいくら必要なのでしょうか?

またそれぞれの資金を用意するときに、ポイントがありますので解説してみました。

教育資金

幼稚園から高校までの総額

幼稚園公立→小学校公立→中学校公立→高校公立の場合541万円

幼稚園私立→小学校公立→中学校公立→高校公立の場合635万円

幼稚園私立→小学校公立→中学校公立→高校私立の場合788万円

幼稚園私立→小学校私立→中学校私立→高校私立の場合1830万円
                    (文部科学省平成30年子供の学習調査)

大学生の教育費総額(平成26・27・28年度)

生命保険文化センターHPより

 

 

●教育資金のココがポイント!

教育資金のゴール設定は、お子様が生まれる0歳時から18年後の大学の学費です。

国立なのか、私立なのか?どのコースを歩むのかわからないと思いますが、教育資金を用意するポイントは3つです。

 

1・・・0歳時から積立(運用)スタート
2・・・児童手当や幼保無償化で浮いたお金も積立に投入
3・・・15歳までに目標の50%は貯めておく

 

奨学金を使うのも一つの手ですが、奨学金を利用した学生が、「経済不況・恐慌」でアルバイトができなくなる、親の収入の激減で、泣く泣く、大学を中退されたケースがありました。

世の中何が起こるかわかりませんので、しっかり貯めておくと安心です。

教育資金をどのような方法で積立するのか?保険や投資、または積立定期など迷われるところです。

これは、目標金額、収入、世帯主の保険内容等で、アドバイスが異なりますので、個別にお問合せください。

お問合せ先は山下FP企画まで


住宅資金

住宅金融支援機構が実施調査によると、購入価格の全国平均は、
土地付注文住宅が4,112.6万円、
建売住宅が3,442.1万円、
マンションが4,437.2万円

 

<住宅購入の価格:フラット35利用者>

住宅金融支援機構「フラット35利用者調査2018年度」

 

 

●住宅資金のココがポイント!

住宅は人生最大のお買い物です。これを失敗するとダメージが大きいです。失敗しない、しまった!と後悔しないためには、3つポイントがあります。

1・・・資産性がある物件
2・・・老後生活に影響のない借入金額
3・・・金利上昇リスク時でも返済できる住宅ローン

 

 

1の「資産性のある物件」ついては人生100年時代、老後の生活において特に重要です。

老後資金が長生きの末枯渇するケースも想定しなければなりません。

老後資金が不足した場合、家を売却する、家を担保に生活資金を確保するなど、マイホームは老後資金の最後の砦。

なので、マイホームの「資産性」は重要です。残念ながらここまであまり深く考えていう方は少ない。

終の棲家はどこで、どのような生活をし、そのために老後資金がいくら必要か?

人生とお金の「ライフプランを立てる」ということをしていないからです。

 

 

2の借入金額が多いと老後の生活水準が低下する恐れがあります。これを避けるためには、

CF表を作成して想定している老後生活が送れるかどうか?確認する必要があります。
※CF表(キャッシュフロー表)とは「現在の収支状況」や「今後のライフプラン」をもとに、将来の収支状況や貯蓄残高を予想して一覧表にしたものです

 

 

3は、マイナス金利政策以降、住宅ローン金利は、かつてない低金利。何の精査もなく金利上昇のリスクのある最低金利ローンを選んでしまった後、

想定外の金利上昇を迎え、返済が苦しくなり、マイホームを手放す事に…ということだけは避けたいものです。

 

 

 

ライフプランにあったマイホーム選びや住宅ローンの選択、借入金額を抑えておく事が、とても重要ですが、

1度もプロのFPに相談することなく、CF表を作成することもなく、
マイホームの購入を決断しているのをお見受けしますと、心配になります。

 


親が資産家であったとしても浪費家の場合、人生の最後のほうで行き詰まる事例も多く発生しているからです。


 山下FP企画では、どんな住宅を購入すべきか?購入しない選択も含め、住宅購入前の相談から、

購入後のライフプラン作成、CF費用作成、住宅購入伴う家計の見直し、保険の見直し、

資産形成までトータルにワンストップでご相談可能です。


詳しくはこちら

 

 

 

老後資金

2018年の厚生労働省、簡易生命表では、65歳の男性の平均余命は約20年。

女性は約25年あり、今や65歳の人のうち男性は4人に1人、女性は2人に1人が90歳まで生きる時代です。

まさに「人生100年時代」の到来です。

その人生100年時代を迎えるにあたり6割の人が不安を感じると回答しています。


今までと違い、50歳以降の給料は増えませんし、退職金も減少傾向です。

なので、ライフプランを立てることなく必要な資金を計画的に準備しないで、

老後生活をスタートした場合、イメージした老後を送れない可能性があります。

 

国も国民の公的年金の不安を解消すべく第三の年金=iDeCo(イデコ)で

節税しながら資産形成ができる仕組みを用意していますが(iDeCo(イデコ)って何?はこちらから)

若い人の半数はまだ名前や仕組みすら、知らないようです。

 


 


●夫婦2人の老後の生活費はいくらぐらい必要か?

ゆとりある老後は、1カ月約37万円に対し公的年金収入が23万円
不足金額 月額14万円 年間168万円 
65歳か30年分とすれば5040万円
豊かな老後を送るには、5000万円ほど老後資金が必要だということです。

 

現状について調べてみると、

60歳夫婦の老後生活費は、1カ月約24万円にと対し、手取収入は9.2万円 
不足金額 月額4.7万円 年間56.4万円 
60歳か35年分とすれば1974万円、約2000万円老後資金が不足します。


これが2019年に話題になった「2000万円年金不足する!」の正体です。

 

さらに追い打ちをかけるようですがこの試算には、

住宅ローン、介護費用、介護施設入所費用、医療費、葬儀代などは含まれておりません。

以上からわかるように、

贅沢をしなければなんとなる!という考えをなくし、早い段階から、老後の資産形成をスタートするべきです。

 


とはいえ、老後の資産形成は、年齢やステージ、保有資産に関係なくだれでも同じやり方ではありません。
それぞれのライフステージでの目標や課題があります。

 


ライフプランや老後資金の準備をどこから手をつけてよいかわからない、という方は、

まずプロのファイナンシャルプランナーにご相談をおすすめします。

ファイナンシャルプランナーとは?はこちら

 

山下FP企画では、オンラインで全国からライフプランを60分で

ご相談しながら作成するサービスを提供しております。

詳しくはこちら

2020.05.10 / セミナー&メディア

5月のオンラインセミナー予定です!

セミナー&メディア

山下FP企画 山下幸子・マネー講師のオンライン講座5月の予定です。

只今、コロナ禍の影響で、リアル講座からオンライン講座に移行中

山下FP企画ライン公式アカウント登録の方には、講座料50%~90%オフで

受講できる特典が付いています。よろしければ、事前に登録をお願いいたします。

登録はこちらから

 

山下FP企画 公式ラインアカウント

 

 

 

 

お金に強くなる!毎日10分で読める初めての日経新聞の読み方講座

日時 5月23日(土)10時~11時30分

   5月30日(土)10時~11時30分

 

経済新聞(日経新聞)を初めて読む方という初心者さん向けの講座です。

お金の情報を取り、自分の人生に役に立てるためには、「投資」「資産運用」だけでなく、生活経済(住宅購入に関する知識、住宅ローン、教育資金や老後資金、家計のやりくり、

金融機関の選び方や税金や年金、社会保険の知識)の知識が読んでいるうちに自然に身につきます。

紙の新聞以外に、電子版もありますので、紙の新聞と電子版の違い、それぞれの読み方のコツについてご紹介いたします。

<この講座のゴールは?>

初めて日経新聞を読む方が、挫折しないよう、一日10分で読める「コツ」をつかんでいただきます。

長期ゴールは、良質な取材された裏付けのある報道や読みもの、テーマを追いかけて記事を読むことなどを通じ、自分で経済の見通しを考えられる力を身につけることです。

 

 

 

お申込みはこちら↓

お金に強くなる!毎日10分で読める!初めての日経新聞の読み方講座
     
受講されたお客様のお声
●30代男性

この講座は「日経新聞との真の出会いが得られる講座」でした

15年前。とある真面目な大学生は、これから始まる新生活に目を輝かせていました。すべての選択は自由だ。新聞だってどこの会社でも選べる。

日経新聞は、、、読んだことないけど難しそうだからやめとこ。
あっさり除外されてしまいました。

時は流れ、、、
インターネットが普及し情報は取りに行く社会へとなりました。そしてコロナ不況が懸念されるなか、社会人となった彼は思いました。

自分を変えなくてはいけない。。。日経新聞?それだ!
それが日経新聞との真の出会いでありました。

この講座では日経新聞を読むコツを教えていただけます。
本当に10分あれば必要な情報を得られます。

山下からのコメント
日経新聞を10分で読めるコツの「コツ」をつかんでいただき、ありがとうございました。日経新聞は専門用語があって、難しそう・・・というイメージがあり、スマホでお手軽に無料の情報が氾濫する中、質の高い情報に接する機会が少なくなることを危惧しております。毎日10分の経済新聞を読む習慣が、ゆくゆくは大きな力になって、WITHコロナを生き抜く時代に、ライフプラン&マネープランの参考になれば、望外の喜びです。

 

 

 

●女性 40代
この講座は「楽しく学べる講座」でした

新聞記事のスクラップ、素敵でした。自分も挑戦したいと思いました。

2020年3月 受講

 

 

 

 

●女性 30代
この講座は「新しいキッカケができる講座」でした

何も知識のない状態でも1から丁寧に説明していただき、終わるころには自分でもがんばれそうと思う講座でした。
また少人数制なので、置いてきぼりになる心配もなし。
気になっている方がいたら、是非受けていただきたいです。

 

 

 

●2020年2月 受講

男性 50代
この講座は「大変価値ある講座」でした

情報収集のひとつに日本経済新聞を挙げられています。
 
膨大な情報を短い時間で、
効率よく自分のものにできるコツを
楽しく教えて頂きました。
  
講師の山下さんが実践してる方法を元に、
私の職種にあったアドバイスは的確で、
「なるほど、そうなんや」
と気付きがありました。
  
話しが盛り上がって、
予定の2時間を超えてしまいました。

 

 

 

 

 

 

副業前に行う資産形成の基本《お金に対する自信と安心感を手に入れる》

 

 

日時 5月16日(土)19時~20時30分

   5月23日(土)19時~20時30分

 

 

 

今回のコロナショックはリーマンショックの
何十倍もの破壊力だとも言われています。

それって、不安!!


「これから生活していけるのかしら?」
「なにか副業をしないと…」
「転職を考えたほうがいいかも?」


このような考えが頭をよぎってしまいます。


でも、こんな時だからこそ、
やみくもに副業や転職、
よくわからない投資に手を出してはいけません。


お金に対する不安を感じているなら
まずは安心感と自信を持って行動することが
何よりも大切です。


私たちが安心し、自信を持つためにやることは
「今すぐできること」「今すぐすべきこと」を
見つけることです。


これは『ご自身の人生設計』や『マネープラン』を立て
行き当たりばったりのご自分と決別することで
手に入れることができます。


他人の貯金や収入と比較する必要はありません。
自分にとって本当に必要なものは何でしょうか?


まずは、具体的な数字を把握しましょう。


・お金はいくら必要?
・いくら不足している?
・どのように用意する


その上で、自分も働きつつ
「お金にも堅実な投資方法」で働いてもらう
「資産形成」をスタートしませんか?


そうすれば、
ご自分がリタイアメント生活になった時にも、
「自分の代わりに働いてもらったお金」が
あなたを守ってくれます。


お金がないから投資ができないというのは「誤解」です。
お金に苦労しないよう心配な方は、
少ない金額からでもよいので
「今すぐ」始めるべきなのです。

お金の知識で格差が生まれる日本


早い段階で、コツコツと資産形成をしていれば、
「老後資金が2000万円で足りる、足らない」など
退職前の老後の不安で悩む必要はありません。

それなのに・・・


「投資はこわい」というイメージで、
お金の勉強をしない人を見ていると、
歯がゆい気持ちでいっぱいになります。


日本の学校では、お金の勉強を教えてくれません。
お金の勉強は自己啓発の世界になっています。


だからこそ、お金のことを
知っている人と知らない人との「格差」が
大きく出てくるのです。

マネーリテラシーを身につけよう


お金の知識を持ち、
それをうまく活用する能力のことを
「マネーリテラシー」といいます。


この「マネーリテラシー」が低いと
頑張って苦労したお金を投資しても
お金は効率的に増やすことができません。


あるいは、マイナスになったり、
さまさまな局面でよい選択ができず、
損をしてしまうのです。


この講座では、資産形成や投資をはじめる方が、
最低限身に着けるべき「マネーリテラシー」をお教えし、
将来お金に苦労しない、安心できる生活が
送れることを目指します。


この講座の終了後には、
あなたは「明日何をすべきか?」の
明確な答えを持っています。

*********************


<こんなことを学習します>


マネープランは『お金』を


①楽しみながら「使い」
②ムダを省いてしっかり「貯め」
③自分も働くけれどお金にも働いて「増やす」


この3つバランスが大切です。


ケチケチ節約ばかりでは、
人生を楽しむことはできません。、


使う時は使う!
でも、ムダな使い方はしない!
そして、人生100年という長い時間を
ミカタにコツコツお金を殖やすこと・・・・


これが正しいお金との付き合い方です。


<講座の流れ>

前半
 ①なぜ資産運用が必要なのか?
 ②そもそも、いくらぐらい老後資金が必要か?

後半
 ①資産運用の基本とは?
 ②リスクとリターンの関係とは?
 ③失敗しにくい投資方法とは?
 ④節税をしながらお金を殖やす投資方法
  第三の年金といわれるiDeco(イデコ)ってなあに?
 ⑤どこで手続きしたらいい?金融機関の選び方


講座の前半では、
リタイアした後にお金がいくらぐらいかかるかを知り、
ご自身はいくら必要なのか?計算します。


目標や具体的な数字がわかるので
漠然とした不安もなくなります。


そして後半では
預金とは違う「資産運用」の
基本の「き」を学びます。

 

 

<こんなことが出来るようになります>

 

①漠然としたお金の将来不安より、前向きに、明日から、ご自身がなにをすべきか?わかります。

②資産運用は苦手・・・といった投資初心者の方々が、本業の仕事をしながら、あるいは副業をしながらできる、ほったらかしの投資方法が分かります

③多くの方が、最初につまずく、金融機関の口座開設をどこでやったらよいのか?判断基準がわかります。

 

 

<こんな風に教えます>

講師の一方的な説明にならずに、
ZOOMではみな様が全員参加型で、
講義を進めていきます。

90分の間に1回、休憩を入れて
お疲れにならないようにします。

 

 

お申込みはこちら↓

副業前に行う資産形成の基本《お金に対する自信と安心感を手に入れる》

 

● 30代女性
この講座は「お金の基礎をアットホームな空間で家から学べる講座」でした

お金を戦略的にどう活かしながら100年時代を生きるか、ということについて学べました。
コロナ禍でますます混沌とする中で、お金との向き合い方を基礎から丁寧に識ることができてよかったです。

先生からのコメント
この度は、オンライン講座にご参加くださり、ありがとうございました!コロナ収束後は、働き方や価値観、幸福度も変わってくると思います。どんな環境の変化にも対応出来るように、ちょっと長い視野で人生設計、戦略を立て、コツコツ実践していきましょう!ご参加ありがとうございました。


●30代男性
この講座は「資産運用の大切さがわかる講座、」でした

これまで資産運用は怖いというイメージしか持ってませんでしたが、今後のライフプランの中でどれくらいお金が必要なのか目標をたてること、それに向けてどのような資産運用をする必要があるかということを学びました。講義終了後もざっくばらんにお話をしていただき、お話も非常に面白くあっという間に時間が過ぎました。

●女性 40代
この講座は「為になる、やってみようと思う投資講座」でした

幸運にマンツーマンで受講でした。質問にもわかりやすく、的確にアドバイス頂きました!
老後資金2000万円問題。不安がある方にオススメします。


●女性 20代
この講座は「とても有意義」でした

 勉強会という形をとるセミナー受講は初めてで、受ける前はとても緊張していたのですが、先生がとてもフレンドリーな方で、質問等も気兼ねなく行うことができ、知りたいことを隅々まで学ぶことができました。
 お金の話という難しく幅広い分野でしたが、しっかりとしたテーマ設定と明瞭な論理展開で非常に分かりやすく、ネックとなっていたこの分野に対する取っ付きにくさを取り払うことができました。

●女性 50代

人生100年の時代は、すぐそこで、健康と共にお金の問題も重要です。
どのように運用するかが大切で、
楽しく、わかりやすく、実践できる内容でした。
また、参加したいと思います。

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ