山下FPブログ記事

2019.11.12 /  ┗ FP相談終了後のご感想

家計管理・ダイエットコース 芦屋市・山田ひろし様

 ┗ FP相談終了後のご感想

相談しようと思ったきっかけは・・・

貯金がなかなか貯まらなくて、将来のことを考えるとちょっと心配になって、

「家計のダイエット・家計管理」を相談しようと思いました。

 

相談してよかった点は、自分なりのやり方がわかったこと

家計簿などを細かくつけていないので、心配だったのですが、最初にそのことをお話したら、山下さんからは、

「家計簿をつけることが目的でなく、お金を貯めることが目的です。細かくつける必要はないです!」と言われてちょっと安心しました。

友達が、スマホで家計簿アプリをつけていたのですが、買ったものすべてをデータとしてオンラインで入力することに抵抗がありましたので、

アナログでいいので、ノートに記帳していくようにしました。

 

ムダ使いはコンビニの買い物、スマホ決済があだに・・・

1カ月続けてみて、山下さんのいう「家計の穴」がわかりました。

意識していなかったのですが、自分の場合、「家計の穴」は外食とコンビニの買い物、趣味の音楽にまつわる支払いでした。些細な金額ですが、特に消費税増税後は、カードやスマホ決済で、財布の現金は減っていないため、お金を使ったような気がしなくて、合計してみるとけっこうな金額を使っていることに驚きました。

 

生命保険を見直して老後資金へ

また、言われるがままに加入していた生命保険を毎月2万円程度支払っていましたが、3年後に値上がりするタイプの保険みたいで、掛け捨てで値上がりするのは、将来的に保険料で苦労すると指摘され、見直しをしました。

見直しで浮いたお金は、将来必要なお金として資産運用にまわしたらというアドバイスで、iDeCo(イデコ)を始める予定です。

退職金はあるものの、年金がもらえるかどうか心配なので。

 

家計見本のとおりにやってみる!

いままでクレジットカードをボーナス払いや金利がかからない2回分割払いなど利用していましたが、

結婚費用やマイホームのお金も貯める必要があるので、ボーナスはないものとして生活する「家計見本」をつくってもらい、なるべくその予算を超えないように使っています。

 

週末、ラインで使ったお金を送ったのが挫折しない理由かも

毎週末に、使った合計金額を山下さんに、ラインで送らないといけないというプレツシャーのせいか、よく考えて使うようになったと思います。

家計のダイエットなんて、自分ではできそうで、できないので、山下さんはパーソナルトレーナーみたいな存在でした。

お金の使い癖みたいのものがわかってよかったです。

 

次回は、マイホーム購入・・・

マイホームを購入するときも、また相談したいです。

ありがとうございました。

2019.11.09 /  ┗ 家計の見直し

テレビの買い替えで電気代が・・・

 ┗ 家計の見直し

プラズマテレビを液晶テレビに買い替えたら毎月2千円も安くなりました!

 

 


消費増税で我が家の駆け込み需要はテレビの買い替え

来年のオリンピックを考えると4Kテレビいいんじゃない~

ということで、〇〇電機のはしご&値引き交渉

山下家の家電担当は主人です。


失敗は過去振り返りますと多々ありますが 

今回はよかったじゃないの?

なんと毎月の電気代が2000円削減です。

 

 

 

ヤマシタ家のバトル 


(私)テレビって映ればいいじゃない?

わざわざ買い替える必要がある? 

(夫) なんにもわかってへんなぁ
    プラズマテレビってむっちゃ電気代くうねんで。怒

(私)それより買い替える、本体台のほうが高いんちゃうん?


(夫) アホちゃうか? 新型より旧型の型落ちを安く買うねん
    それ、家電の王道!

(私)  まかせるわ・・・

  さっそく、型落ちの液晶テレビ
  4Kチュウーナーなしを増税前のたたき売り、
  15万→7万円で購入


映り具合は、素人目にはわかりませんが、

プラズマの時は、ぶ~んと音がかすかになっていたようですし、

テレビの背面をさわると熱かったです。


新しい液晶テレビは、薄くなって音ももなく、後ろも熱くなりません。

いよいよ、10月の電気代の通知がきました。


(夫) ほれみい! 電気代2000円安くなってるし!
 
  つまり年間24000円とトク
  3年でモト取れたし!


どや顔で、電気代の今月のお知らせを私の顔にペシペシ
ちらつかせるのでした。

 

子育てママやリタイアメント家族は要注意!

 


そもそも今はプラズマテレビは販売停止ですが、

一時はプラズマテレビが、流行ました。


テレビって、なかなかつぶれませんし、映ればOK状態。

でも電気代、食いますね!

もしもプラズマテレビでしたら、要注意!

 

 

特に、夕方から子守代わりにテレビを見せている子育てママや


日中、家の中にいるリタイアメント夫婦のテレビはどうなっていますか?

固定の節減は家計のやりくりでは重要です。

 

テレビをつけっぱなしにしているご家庭は、ご自身のテレビが

省エネタイプかどうか?確認しましょう!

 

 

電気・ガス自由化の時代です

 

 

今や、電気・ガスの自由化の時代、


料金が安くなるならと新電力の切り替え率が20%(2018年9月)

 


都会よりも地方に住まれるかたの見直しがすすんでいません。


電気料金・ガス使用量通知を片手に、比較してみることをおすすめします。

 

乗り換えシミュレーションで試算してみましょう

 

 

電気とガスの比較サイト エネチェンジはこちら 

 

簡単に入力するだけで、電気代、ガス代の乗り換えシミュレーションができますよ

2019.11.08 / ■人生100年時代

ドル・金を買いたがる財務省・日銀OBの人たち

■人生100年時代

 

三菱マテリアル、金を売っている販売会社のホームページに、「豊島逸夫の手帳」という

コラムがあります。すごく勉強になるコラムです。

豊島氏は、かつて、外国為替貴金属ディーラーであり、チューリッヒ、NYでの豊富な相場体験をもとに金の第一人者として素人にも分かりやすく独立系の立場からポジショントーク無しで金市場に限らず国際金融、マクロ経済動向についても語っており、このコラムは、ほぼ毎日更新されています。

 

そのコラムのかなから、財務省や日銀など通貨の番人として円を長らく守ってきたお偉いさんが退職金を手にしたとき、個人投資家として運用先を考えるそうで、その運用が外貨建て投資に興味を示すのだと・・・。

<引用>

その理由は「少子高齢化で移民を拒む国の通貨は長期的に下落するから円安」とみる著名投資家ジムロジャース氏との考えに共通点がある。

「膨張した国の借金は、国民がまともに働いて返済できる規模ではない。量的緩和の出口戦略は未知の領域だ。ここは、資産防衛するしかあるまい。」

 

よく聞く議論だが、国の財政・金融政策の中核にいた人たちから、本音ベースで粛々と語られると、背筋がひんやりするごとき、説得力を感じてしまう。

<引用ここまで>

 

本文はこちら

 

 

投資家のジムロジャース氏でなく、通貨の番人日銀OBが、一個人として自分の老後を考えたとき、資産運用というより資産防衛と語っているのは、説得感ありますね。

 

若い人と違ってリタイアメント組は、「資産を育てる、殖やす」よりも「守ること、防衛すること」

その観点で、まとまったお金、「退職金」を溶かすことなく、維持・管理しなくては、いけないのではないでしょうか?

 

 

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ