山下FPブログ記事

2020.01.09 /  ┗ 住宅資金計画

住宅ローンは変動金利が定番・・・大丈夫?

 ┗ 住宅資金計画

 

 

固定金利で住宅ローンを借りる人が急減している。3メガバンクで住宅ローンを新規に借りた人のうち、固定型は足元で3割強にとどまる。全国でも固定型の比率は2018年度に30%と2年前から約20ポイント下がった。将来の金利上昇リスクは低いと判断し、固定型より金利の低い変動型を選ぶ人が多い。長期金利の低下局面では返済額を確定する固定型に人気が集まる傾向があったが、超低金利の常態化でローン選びに変化が出ている。

三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクで、19年4~11月の新規契約のうち、額・件数ともに固定型の割合は平均で35%だった。銀行によってばらつきはあるが三菱UFJの場合、16年度は約9割が固定型だった。

大手行や地方銀行、信用金庫など全国の金融機関が回答した住宅金融支援機構の調査によると、18年度に固定金利による借入比率(30%)は12年度(32%)を下回り、統計のある06年度以降で最低となった。

固定型は契約時の金利で毎月の返済額が決まる。住宅ローンは10年以上にわたって借りる人がほとんどで、ローン金利の指標の一つである長期金利が低下する局面では返済額の見通しを立てやすい固定型に人気が集まりやすい。実際、日銀のマイナス金利政策が浸透して長期金利が下がった16年度は、固定型を選ぶ人が各行で増えた。

ただ、マイナス金利政策の継続で、個人の金利に対する見方が変わってきた。10年固定のローン金利は1%弱と歴史的な低水準にあるが、低金利が長く続くと見越して固定型より金利の低い変動型を選ぶ人が増えている。

引用元 日本経済新聞 2020/1/9付 「住宅ローン固定型急減」

 

 

 

 

私は、関西に在住しており、変動金利を選択する方の比率は多いと感じていましたが、ここまで低金利が続くと消費者も変動金利があたりまえで資金計画を立てられるようです。

変動金利は長期金利より低いのですが、「変動」というの名のとおり、金利上昇リスクがあります。変動金利を選択する=いつか上がるかもしれない金利上昇に備えて繰り上げ返済する

これを念頭に繰り上げ返済計画を立てておかなければ、まさかの金利上昇が発生した場合、住宅ローンの返済に苦しむ可能性があります。私が心配しているのは、金利が1%でも上昇してしま

うと、返済が大変になる方まで、一番金利が安いから安易に、変動金利を選択していらっしゃる方がいることです。

専業主婦で子供が小さく、働いていない場合は、余裕資金が乏しく、安易に繰り上げ返済ばかりしていると、いつまでも貯金がたまらず、大きなアクシデントに耐えれない可能性があります。

そうなると家計破綻につながりますので、慎重に計画していただきたいものです。

住宅購入は人生最大のお買い物ですから、購入した後でなく購入する前に、どのような物件で、どのような住宅ローンを選び、返済していくか?きちんとシミュレーションしたほうが安心です。

 

住宅ローンはこの20年、低金利であったにもかかわらず、破綻する方が急増するときがあります。今後予想されるのは、働き方改革で残業が減る、転職を余儀なくされる、大きな病気で今まで通り働けないなど・・・

 

参考動画NHKクロースアップ現代

 

 

 

変動金利がすべてNGではありませんが、借りすぎでないのか? 繰り上げ返済計画もセットで計画していただきたいですね!

山下FP企画 人気のプラン 住宅購入診断プレミアムはこちら

 

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ