山下FPブログ記事

2019.07.18 / ニュース&トピックス

【老後生活困窮予備軍が5割、年収の低い人のみならず高い人も?】

ニュース&トピックス

 

 

必要な老後資金は?

 

 

老後資金は2000万円必要?問題、世間で話題になりましたが、

老後資金と一言で言ってもどんな生活をおくるのか?おくりたいのか?によって必要なお金は異なります。

これをやれ2000万円、足りない、3000万円・・・という議論はおかしい

そこで、ニッセイ研究所は、「年収別、老後の生活資金として用意すべき資産額」

として試算を発表。

この試算では年収から教育費を差し引き、夫が先に亡くなった場合には生活費は3割減となる前提で計算

また退職後の生活水準を現役よりも1割落とした場合も試算したとの事。

そのレポートはこちら

https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=61979?site=nli

 

 

 年収500万円では2000万円あればOK

 

気になる結果は・・・・

年収500万円では、2000万円あれば同水準の生活を維持できます。

しかし、

50代の3割は500万円~700万円の年収のため

 

年収500万円~700万円では

同水準の生活が維持できる老後資金は3200万円必要

2000万円では、

10%生活の質を落とさなければならないそうです

 

 

 

 安心した人もいれば、不安になった人もいるかもしれません。

 

 

されど老後破綻生活予備軍は5割

 

今の50代の方で、このまま老後を迎えた場合、

老後の生活水準が今より10%落としただけでは

済まされない人が5割いるそうです。

これって、このままでいくと、「老後生活困窮予備軍」ですよね?

 

その老後生活困窮予備軍は、

年収別でみると、

年収の低い世帯ほど多く

年収500万円未満の世帯で5割。

しかしながら、

年収1,000万円以上の世帯でも4割を超えるそうです。

 

年収の低い方の生活困窮予備軍は想定できますが、

年収の高い人でも4割ということに衝撃です。

 

老後資金生活困窮予備軍からの脱出

 

あなたはこの老後生活困窮予備軍に入っていませんか?

次回は、老後生活困窮予備軍からの脱出方法について

書いていきます。

 

 

 

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ