山下FPブログ記事

2016.12.04 / ★相続

相続税対策のアパート建設が増加

★相続

P1020368

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省が発表した9月の新設住宅着工戸数は、

前年比10%増の8万5622戸で、3ヶ月連続のプラスとなりました。

 

 

アパート建設な好調な貸家が13%増の3万8400戸でした。

 

 

 

新設着工の年率換算値は前月比3%増の98.4万戸で、

前月比ではプラスに転じましたが、2ヶ月続けて100万戸を割り込みました。

 

 

種類別では持ち家が1%増、分譲住宅が17%増でした。

 

 

 

地域別では、首都圏が23%増、中部圏が2%増、近畿圏が2%減となりました。

 

 

 

貸家の増加は11ヶ月連続で、相続税対策のためのアパート建設の動きが続いています。

 

 

 

また、低金利で建設資金を借りやすい環境もアパート建設を後押ししています。

 

過剰供給にならなければいいのですが・・・

 

それだけ、相続税アップのインパクトがあったということですよね。

山下FPブログ記事月別アーカイブ