山下FPブログ記事

2016.08.24 / ★日常のできごと

「思い込み」って恐ろしい

★日常のできごと

o0198035211913434996

 

 

 

毎日暑いですね!

夏バテ予防と肥満予防を兼ねて レモン酢(レモンの輪切りと黒酢、酵素を広口瓶に入れて1日置きます) を作っています。

お酢はスタミナの酢といいまして、夏バテにも最適! レモンは、ビタミンCの宝庫、美肌にいいんですって。

お酢を飲むと、代謝が上がり、体温も上昇しますのでダイエット効果大だそうです。

そのダイエット効果を期待して、レモン酢にはまる今日この頃です。

レモンは国産でないと・・・梅田に来たついでに、 阪急百貨店の地下食料品売り場でレモンを探し、

うろうろと・・・ 「あれ?ない?レモンは売っているでしょう?パクチーとは違って!」でも 2周ぐらい野菜・果物コーナーをまわっても、見当たらないのですね。

店員さんに、「あのう、レモンどこにありますか?」とうかがいますと

「国産のレモンなら、おいてありますよ、ほら!ここに!」 私は、「えっ!」と思いました。

確かに、かごに山盛りレモンが盛られていましたが、 (そこ、素通りしていましたね)

私のイメージするレモンは「黄色」 ですが、かごいっぱいに盛られている大量のレモンは「きれいな緑」

 

思い込みって恐ろしいですね。

レモン=黄色 と脳の中で認識していますので、

緑のレモンは私のなかに入ってこなかった、 除外されていたのです。

こういう思い込みは、よくあるのではないでしょうか?

 

株は損するもの

ドルはリスクが高い

掛け捨ての保険はや安いほうがいいに決まっている

子供が生まれたら学資保険にはいるもの

県民共済、コープ共済は安い

住宅ローンは、35年で組むもの

住宅ローンといえば、元利均等返済

繰り上げ返済で定年までに完済

などなど、

 

こうでしょう! といったん思い込みますと、

他の選択肢は消え見えなくなります。

脳がいらないものと判断してしまうからです。

見えなくしてしまったもの、 実は、必要だった・・・ となると、どうでしょう?それは、残念ですね。

レモン=黄色、

このような固定概念をなくすためには、 正しい情報を選ぶ「眼力」が必要です。

ご自分の「眼力」に自信がない場合は

 

わからないことは、その道の「プロ」に聞くということ。

何事も、素直に「聞く」 それが正しい選択ができるコツだと思いますね。

 

マネーの相談は山下FP企画まで

山下FPブログ記事月別アーカイブ