山下FPブログ記事

2016.06.08 / ★保険の見直し

受動喫煙、ニコチン検査で不合格に・・・

★保険の見直し

 

 

 

 

 

 

 

受動喫煙、ニコチン検査で不合格に・・・

 

 

保険料を安くすることに、

骨身を削って(痩せませんが)

ご案内している山下です。

 

最近ショッキングなことが発生しました。

 

タバコを吸わない(過去1年以内)と保険料が安くなる

保険商品があります。

 

タバコを吸わない方はその体況に応じ

加入できる保険料品をご案内するわけですが、

 

なんと、タバコを吸っていないのに

(最初は隠れタバコ?と失礼ながら疑いましたが)

 

ニコチンの検査で反応があり不合格となって

保険料が1000円ほどアップしてしまうことになりました!

 

え~そんなことってある?

 

私の経験では、2回目ですが、あることはあります。

 

保険会社にも問合せしましたら、

 

禁煙しても、ニコチンが抜けなくて反応が出るか方いるとのこと。

 

で、受動喫煙を調べてみますと、

 

恐ろしいことが書かれていました。

 

 

以下松戸市のHPより抜粋。特にベランダでのタバコ(ホタル族)でも、子供の尿から有毒物質も検出されているそうです

 

職場や家庭などで受動喫煙にさらされていると、肺がん、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、乳がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息などの広範囲な健康障害が起こりやすくなります。また、妊娠中への影響として、妊婦がタバコを吸っていなくても、低出生体重児や早産のリスクが上昇します。

http://www.city.matsudo.chiba.jp/kenko_fukushi/shiminnokenkou/kinen/jyudoukituen.html

 

 

 

 

私の経験上のお話ですが、

2件とも職場で煙モクモク、といった環境で

お仕事をされている方たちでした。

 

だからといって、みなさんがニコチンの検査で

タバコの反応が出るわけでもありませんが、

 

ヘビースモーカーのご主人の奥様が先に

肺がんでなくなっているケースもよく聞きますので

 

(息子さんが、お袋はタバコ吸わないのに、肺がんで亡くなった。

オヤジが原因だと思う、だから僕はタバコ嫌いやねん!)と。

 

副流煙、こわいです!

 

保険料が安くならないのも困りますが

健康が第一なんです!

山下FPブログ記事月別アーカイブ