山下FPブログ記事

2016.05.26 / ★ かがやく日本の未来

大卒就職率が過去最高

★ かがやく日本の未来

 

大卒就職率が過去最高

 

文部科学省の調査によりますと、今春卒業した大学生の就職率(4月1日時点)は97.3%で、リーマン・ショック前の2008年(96.9%)を上回り、1996年の調査開始以来最高となりました。

 

好景気で企業の求人が増えているのがその要因と分析しています。

 

就職率とは、就職希望者のうち実際に仕事に就いた人の割合のことです。

 

今春の就職率は前年を0.6%上回り、過去最低だった11年(91.0%)以降5年連続で上昇しました。

 

就職希望率も74.0%と、前年から1.3%増えて過去最高でした。

 

文科省の推計では、就職したのは40万4300人で前年から7200人増加しました。

 

地域別の就職率は、中部が98.3%、関東が97.9%、北海道・東北・近畿が96.8%という結果でした。

 

男女別では、女子(98.0%)が男子(96.7%)を4年連続で上回りました。

 

一方、高校生の就職内定率は、前年比0.3%増の99.1%となり、6年連続で改善しました。

山下FPブログ記事月別アーカイブ