山下FPブログ記事

2016.05.21 / ★ 経済の見通し

ふるさと納税額が前年比3倍超

★ 経済の見通し

 

 

ふるさと納税額が前年比3倍超

 

総務省などの試算によりますと、2015年度に全国の自治体が受け入れたふるさと納税の寄付額は1300億~1400億円ほどで、前年より約1000億円増加する見通しです。

 

ふるさと納税は自治体への寄付で、寄付した人は、寄付金の2千円を超える部分について所得税と住民税から減税されます。

 

寄付した自治体からは、お礼に特産品などが贈られるのが通例で、また15年度に使いやすい制度に見直されたこともあり、人気が高まりました。

 

第一次安倍政権が導入を打ち出し08年度に実施し、寄付額は12年度まで100億円前後でした。

 

自治体が豪華な返礼品を競うようになって13年度は145億円、14年度は前年の2.7倍の389億円へと拡大しました。

山下FPブログ記事月別アーカイブ