山下FPブログ記事

2016.05.15 / ★ 経済の見通し

3月の実質賃金は前年比1.4%の増加ですが・・・・

★ 経済の見通し

 

 

 数字では上昇していますが、

手取りが増える実感はないですね・・・

 

3月の実質賃金は前年比1.4%の増加

 

厚生労働省が発表した3月の毎月勤労統計調査によりますと、物価変動の影響を除いた実質賃金は、前年に比べ1.4%増加し、2か月連続のプラスとなりました。

 

一部企業のボーナスなど特別に支払われた給与の増加や、これまで上昇していた物価が横ばいになったことが押し上げの要因となりました。

 

実質賃金は2010年9月以来5年半ぶりの大きな増加幅となりました。

 

実質賃金の増加は、物価よりも給与の伸びが上回っていることを示します。

 

3月の消費者物価指数が前年と同水準となり、物価上昇に伴う実質賃金の目減りがなくなったことが大きく影響しています。

 

名目賃金にあたる現金給与総額は、1.4%増の27万8501円でした。

 

その内訳は、基本給にあたる所定内給与が、0.4%増の24万446円、残業代など所定外給与が0.2%減の1万9739円、特別に支払われた給与が19.8%増の1万8316円となっています。

 

所定内給与は、2月の0.6%から伸び率が鈍化しており、人手不足を背景に賃金上昇は続いているものの低水準で推移しています。

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ