山下FPブログ記事

2016.05.10 / ★住宅購入

家を買うとき、自己資金の考え方

★住宅購入

 

前回は自己資金と頭金のお話をしました。

 

前回のブログはこちら

http://ameblo.jp/yy-hoken/entry-12158125913.html

 

 

で・・・自己資金についてですが、

今あるお家のなかの全財産を自己資金に投入してよいかというと

そうではありません。

みなさん、少しでもローンを少なくしたい気持ちはわかりますが・・・・

それをやっちゃうと、あとで困るかもしれません・・・

 

諸費用のお見積りもしっかり計算しないといけませんが、

 

 

なにより、お家の引き渡しを受けた後、

お金がすっからか~ん! となっては困ります。

 

あっ!もう時期車の車検だ!

あっ、子供の入園費が!入学費が!

あっ、結婚式におよばれしてご祝儀が!

 

またご新居早々に窓ガラスが割れ、修理代が30万円

実際にあったお話です。

 

なので、お家に使ってよい自己資金以外に

1年以内に必要になるお金は残しておかないと

たいへんですね。

 

また予備費として生活費の半年分は

残しておくと安心です。

 

細かく言いますと、職業、共働き、片働き、収入により

残しておく予備費も異なります。

 

 

住宅購入のご相談はお気軽に

http://yy-hoken.com/

 

山下FP企画 おすすめ相談は・・・お気軽に(時間制限のないお得なプランです)↓

 

◆マイホーム購入家計診断 30,000円+税(32,400円)

これから、マイホームを購入する方が対象です。住宅購入は人生最大のお買い物、
失敗はゆるされません。
購入予定物件が無理な計画でないか・プロが診断いたします。

住宅購入によって教育資金・老後資金にダメージを与えないか、購入しても大丈夫かをライフプラン表(キャッシュフロー表の作成)を作成し、資金ショートしないか確認します。
また、具体的な購入物件が決まっていない方はまずはライフプランを作成し、「無理のない借入金額」を把握したうえで、予算にあった物件選びすると安心です。

 

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ