山下FPブログ記事

2016.04.12 / ★住宅ローン

団体信用生命保険がわりの民間の保険

★住宅ローン

 

 

 

団体信用生命保険がわりの民間の保険

 

 

今月のフラット35の金利が、超低金利35年でなんと1.19

 

フラット35S仕様の場合はさらにマイナス0.3%引き0.89%で

 

10年間継続、11年目から、1.19%で最後まで走ります。

 

20年返済では1.02%マイナス0.3%でなんと0.72%で10年間固定、

 

11年目から、1.02%で最後まで走ります。

 

こうなれば、フラット35S、大いに注目を浴びるはずですが、

 

あれ?そうでもないのはなぜ?

 

どこがいけないのかしら?

 

★繰り上げ返済手数料0円!

★住宅ローン保証料0円!(ただし事務手数料がローン借入金額の0.5%~2%)

 

 

実は団体信用生命保険がフラット35の場合、別途必要。

 

フラット団体信用生命保険についてはこちら

http://www.jhf.go.jp/customer/yushi/danshin/merit.html

 

 

3150万円、20年返済 1.02%では、団体信用生命保険は

初年度保険料112700円 (月換算9391円)

 

1万の負担増は、今まで住宅ローンを払っていなかった方にとって

痛い・・・となるわけです。

 

たとえ大元の住宅ローン返済金額が

最低ラインになり、

それが長期固定になっているとしても・・・です。(別腹なのね)

投資に限らず、人は感情で行動を決定してしまうのです。

(住宅ローンでさえも!)

 

 

どの住宅ローンをどう選ぶかは、本人の決断ですが、

団体信用生命保険が、ネックになっているのは、残念

 

なので、その場合

民間の保険で団体信用生命保険の代わりを設計します。

 

1・・・タバコを吸わない

2・・・ゴールド免許

3・・・健康診断の異常の指摘なし

 

特に、1のタバコを吸わないは特に重要

 

さきほどの事例で、団信代わりの保険を作成したら、

年払い5万円ほどになり、半額以下になっちゃいました。

 

低い金利で固定化でき、団信も安くなり、大喜びされていましたね。

 

マイナス金利を味方につけましょう!

 

 

住宅ローンは戦略的に、長期にわたり、返済していくべきものです。

けして、感情で決断しないでくださいね。

 

住宅コンサルはお気軽に・・・・山下FP企画 0798-36-4877 

山下FPブログ記事月別アーカイブ