山下FPブログ記事

2016.04.12 / ★開業医の先生のためのお金の相談室

ドクターのためのがん保険

★開業医の先生のためのお金の相談室

 

ドクターのためのがん保険

 

 

今日の辛坊さんの特番は、「がんの名医が明かす新事実!」

 

日本のがんの専門医が一同に集まり、

いわゆるがんにまつわる、医師の本音トークという番組でした。

 

 

辛坊さんも、何を隠そう、人間ドックで大腸がんを発見し

命拾いしたのだそうです。(辛坊さんは、何度命拾いをされていることでしょう)

 

・本当にがん検診は有効なのか?(50人中3人が異議ありでした)

 

・胃のバリウムで、がんが発見できるのか?

(胃カメラの方が精度が当然高いが、バリウム検査を廃止すると検査技師が失業して

たいへんなことになるから、現状継続中だとか、え~そうなんだ・・・ショック!)

 

医師への袖の下の渡し方まで、

(お金を手紙と一緒に入れて、じっくりあとで読んでくださいと、堂々と渡すなど)

 

コンテンツ、モリモリで、真剣なお話なんですが、楽しめました。(辛坊さんの司会はすばらしい)

 

またその中で、医師が、がん保険について語っていました。

 

まとめると

 

・がんは手術だけでなく、放射線治療、抗がん剤などもありお金がかかる。だから必要。

 

・がんと申告されても、保険金が支払われない、がん保険がある。(保険会社により出る、出ないの差がある)

 

・通院が多いのでそれもカバーしたがん保険がよい(入院よりも通院)

 

こんな感じで、まあ目新しい情報もなかったのですが、

 

一般の方には、このぐらいやさしくシンプルに解説したほうが

いいのだろうな~と思ってみたり・・・。時間も限られていますから。

 

 

で、辛坊さんが、「先生はどんながん保険に入っていますか?」

みたいな質問をされて、先生が

 

「わたしは、がんとなったら、どかん!と支払われる保険に入っています」

とおっしゃり、ピンときました。

 

どか~んだから、100万、とかではないですよね~

 

あ~あれかな?

 

ドクターはがんは、お金がかかることを、一番よく知る人たち

 

がんになったら、1000万、ならなくても、保険料が全額戻るタイプでしょう。

(掛け捨て嫌いな方たちですから)

 

実は、その保険も、このマイナス金利の影響で、売り止めを検討されている模様。

 

あ~ここでもマイナス金利の影響が・・・。

 

ドクターの皆様、がん保険もお早目にご検討くださいませ。

 

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ