山下FPブログ記事

2016.04.03 / ★がん保険について

がん保険を選ぶには何に注目したらいい?

★がん保険について






春は、保険の見直しのシーズンです。


よくあるご質問に、


がん保険、必要ですか?


があります。


必要は、不要かは、答えは簡単!


がんになっても、自腹で治療費を払う覚悟やお金があれば不要


そうでないなら、必要。


だたね~掛け金が家計を圧迫するのは困るので、


入るのだったら、若いほうが、安いです。40歳、50歳だとやはり高くつきますし、


そもそも人間ドックや腫瘍マーカーで、検査数値が高く、入りたくても入れないケースも


あります。どちらかというと、保険料よりも、健康状態で引っかかってアウトの場合が多いです。


ですので、入るのだったら、若いうちがおすすめです。


では、どんながん保険がいいのでしょうか?

なにに注意を払い、選ぶべきか?



ポイントは3つです。(他にも細かいことはありますが、それはさておき)



1・・・・・診断給付金の支払われる条件・範囲


2・・・・最初のがんから、再発した場合に、診断給付金がどのような状態であれば再び支払われるのか


3・・・・トータルコストは最終いくらか(平均余命まで生きるとしていくら支払うことになるのか?)



がんは、昔のように、入院して手術して退院してまた入院して・・・という決まった治療だけでなく

さまざまな治療方法があります。


がん保険を選ぶとき、細分化した複雑な保障をえらぶと、

該当しない場合は、ムダなお金になってしまいます。


ですので、シンプルに、がんになったら、●●●万円とまとまったお金をもらう

タイプにしておくと、もらい損ねになりませんね。



次回はこの1~3までそれぞれ解説いたします。



保険コンサルは0798-36-4877 山下FP企画 までお気軽に





山下FPブログ記事月別アーカイブ