山下FPブログ記事

2016.03.16 / ★ かがやく日本の未来

客室稼働率は大阪が全国1位

★ かがやく日本の未来

客室稼働率は大阪が全国1位

官公庁が発表した宿泊旅行統計調査で、2015年の大阪府内の宿泊施設の客室稼働率は、前年から4.2%上昇して85.2%となり、2年連続で全国1位となりました。

延べ宿泊者数は外国人客が5割伸び、日本人客を含む全体で3000万人を突破しました。

大阪や京都の中心部のホテルは、予約が一段と取りにくい状況になっており、宿泊客は、大阪市の周辺や滋賀県・兵庫県などに流れる傾向が強まっています。

京都府内の客室稼働率は、訪日客の増加により全国3位の71.4%でした。

稼働率はほかの4県でも軒並み上昇し、次の通りとなりました。

       客室稼働率    前年比

滋賀県    60.5%    +25.7%

兵庫県    58.9%    +26.4%

和歌山県   47.7%    +8.6%

奈良県    46.3%    +21.1%

山下FPブログ記事月別アーカイブ