山下FPブログ記事

2016.01.30 / ★ 経済の見通し

2015年の賃上げ額が最高

★ 経済の見通し

2015年の賃上げ額が最高

 

厚生労働省が発表した賃金動向の調査によりますと、2015年の一人平均の賃上げ額は、月額5282円で前年より28円増加しました。

 

これは、比較可能な1999年以降で最も多い額となりました。

 

定期昇給とベースアップを足した賃金の伸び率である「賃上げ率」は1.9%で、政府が目指している3%を1.1%下回りました。

 

規模別の賃上げ額は、従業員5000人以上の大企業が7248円(賃上げ率2.2%)、300人~999人の企業が4633円(同1.8%)、100~299人の企業が3947円(同1.6%)という結果でした。

 

業種別の賃上げ額は、建設業が7370円(同2.2%)不動産業が6381円(同2.2%)、前年は0.8%の賃下げだった電気・ガス・水道業が4605円(同1.5%)となり、全15業種で賃上げが実現しました。

 

政府は、国内総生産(GDP)600兆円の実現に向け、賃金水準を今後年3%程度引き上げることを目指しています。

山下FPブログ記事月別アーカイブ