山下FPブログ記事

2015.12.17 / ★資産運用・経済の見通し等

ガソリン店頭価格は130円割れ

★資産運用・経済の見通し等

ガソリン店頭価格は130円割れ

 

ガソリン店頭価格が5年8カ月ぶりに130円を割り込みました。

 

資源エネルギー庁が発表した11月30日時点の価格(レギュラー、全国平均)は、前週比1.2円安い1リットル129.1円となりました。

 

原油安が店頭価格の下落につながりました。

 

ガソリン価格は、地域差も拡大しています。

 

最高値は長崎県で、離島があり輸送コストがかかるため、138.4円でした。

 

一方、最安値は埼玉県で、販売競争が激しく123.5円でした。

 

東京は131.3円、大阪は127.2円でした。

 

1世帯当たりの年間のガソリン支出は、都市により大きく異なり、山口市は10万円を超え、東京都区部は1万7800円となっています。

 

従って、ガソリン安が家計に与える恩恵は、地域によりかなり差が出そうです。

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ