山下FPブログ記事

2015.09.21 / ★教育資金

教育資金贈与、1兆円突破!

★教育資金

 

祖父母が孫に教育資金を1500万円まで
非課税で贈与できる制度の利用額が、


7月末時点で累計1兆円を突破しました。
(大手信託銀行4行と都銀1行の合計)

 

2013年4月に制度が始まって2年強で、
件数も14万5千件に達し、増加のペースは衰えていません。

 

そのうち、1000億円超が教育費として引き出されています。

 

子育て世代の負担軽減につながっています。

 

贈与を受ける孫の年齢は、6歳未満が最多で全体の3割に達します。

 

平均の贈与額は約700万円で、
制度の上限である1500万円を贈与する人は
全体の2割弱にとどまっています。

 また、中間層にもこの制度を利用する人が広がっています。

若い夫婦のお悩みは住宅ローンを返済しつつ
教育資金を貯めつつ、老後資金を確保すること、

なかなか教育資金までうまくたまらないと
相談に来られます。

そんな中で、おじいさま、おばあさまは
心強い「打ち出の小づち」
相続税の負担増の影響もあり、
お孫さんへの贈与はまだまだ増えそうですね。

 

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ