山下FPブログ記事

2015.08.29 / ★教育資金

国立大学ってお安くないのよ・・・

★教育資金
 
週末はゆるーいダイエットと健康のお話なんですが、

電車にのっていたら、

私の前に座っている、かわいらしい中学生さん、

お友達同士でおしゃべりしていまして、

それを、なにげなく聞いていたら・・・・


「お母さんが、大学は絶対国公立やないとあかん!て言うねん」

「え~なんで?」

「授業料、国立のほうが、安いからやて・・」

「へ~国立って安いんや」


なんと、健気な親孝行なお嬢さん!

と私、感心してしまいましたが、

一方で、お嬢さんたちの親御さんの時代と違って

今は、私立よりも、国立だからって、それほどお安くないのでございます・・・

とつぶやいてしまいました。。。。


 

↑ こちらが文部科学省のHPにあります国公立と私立大学の授業料でございます。

ちと古いデータでございますがこれによりますと(H21年)

国立535800円/年

私立851621円/年

 
 物価の推移でみると、軒並み国公立の授業料が値上げされていることがわかります。
(文部科学省のHPより)

ちなみに、H27年国立大学の年間授業料は535800円、入学料282000円です。

まだまだ、値上がりする可能性があるようです。

国立大学だからといっても、教育費の準備も大変な時代です。

子供の大学の費用、初年度納入金は

国公大学・・・・817,800円

公立大学・・・935,578円

私立文系・・・1,149,246円

私立理系・・・・1,496,044円

私立医学部・・・・4,664,560円

となります。

詳しくは文部科学省HP(平成25年初年度学生1人当たり納入金額のまとめより)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1346053.htm

上記金額は大学に収める費用なので、

教科書代、生活費、諸々の費用は別途かかります。


国立大学の初年度納入金学は

私立文系大学の約7割.

私立理系の約5割、

私立医科歯科大学の約2割

つまり、国立大学といっても、目指す進路によって

お得感が異なるのです。


お子さんが、もしも国立医学部進学!ということになりましたら


私立の2割なので

めちゃくちゃ親孝行なお子様です。

ですが私立文系でしたら、納入金額は7割ですから

まあ、よかったかれど、医学部ほどではありません。

私も中学生の母親ですので、

高望みはしませんが、3割安でもいいので

国立大学へ進学してね!と願っております。



 

山下FPブログ記事月別アーカイブ