山下FPブログ記事

2015.08.13 / ★資産運用・経済の見通し等

1~6月の世界の新車販売は欧米好調、新興国低調

★資産運用・経済の見通し等

 

2015年1~6月の世界の新車販売は、
中国や南米、ロシアなどの失速が鮮明になるなか、
10年ぶりの高水準となった米国の好調が際立ちました。

 

主要国・地域の状況は、次の通りです。

 

・米国  852万台、前年比4%増

  利益率が高い高級車や大型車が好調

  14年ぶりに1700万台超えとなるとの見方が有力

 

・日本  267万台、前年比11%減

  昨年の消費増税に加え、全体の4割近くを占める軽自動車の増税が影響

  一方、輸入車は健闘

 

・中国 1185万台、前年比1%増

  世界販売の4分の1を占める最大市場

  景気減速と株安で消費者心理冷え込む

  単月ベースでは3か月連続のマイナス

 

・欧州  692万台、前年比8%増

  ドイツ・英国が堅調

イタリア・スペインなど南欧が復調

 

・ブラジル 131万台、前年比21%減

  景気減速が影響

  2012~2014年の自動車減税の反動

 

好調な米国での最大の不安要素は、金融政策の動向です。

 

米国連邦準備理事会(FRB)は、年内の利上げを模索していますが、利上げの幅によっては好調な新車販売に水を差す懸念もあります。

 

 

  

山下FPブログ記事月別アーカイブ