山下FPブログ記事

2015.08.12 / ★資産運用・経済の見通し等

米国の4~6月期成長率は2.3%(年率)に改善

★資産運用・経済の見通し等

 

 

米国商務省が発表した4~6月期の
実質国内総生産(GDP)は、
年率換算で前期比2.3%増となりました。

 

天候不順などの影響を受けた1~3月期の0.6%増から
持ち直しました。

 

市場予測の平均値(2.5%増)を
やや下回ったものの、昨年7~9月期(4.3%)以来の高さとなり、米国経済の緩やかな回復を裏付けました。

 

4~6月期の成長をけん引したのは個人消費でした。

 

好調な自動車販売などを背景に前期比年率2.9%増となりました。

 

輸出は5.3%増、住宅建設は6.6%増でした。

 

民間設備投資は0.6%減で、11四半期ぶりの減少に転じました。

 

ドル高や原油安などが響き、
投資を手控える動きが出ていることを裏付けました。

 

こうした状況を踏まえ、
米国連邦準備理事会(FRB)が、
年内にも世界金融危機に対応した事実上の
ゼロ金利政策を解除するのではないかという見方が増加しています。

 

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ