山下FPブログ記事

2015.08.08 / ★ダイエットと家計

旅行太りにならないための対策(その1)

★ダイエットと家計

週末は、ゆるーいダイエットコラムです~


いよいよ、お盆休み、夏休み旅行のシーズンがやってまいりました。

この時期、帰省先で、また旅行先で、食生活が乱れ

せつかくのダイエットが台無し!!になるのでは?

と危機感を感じているのは、私だけでしょうか?(笑)


旅先で、帰省先で、せっかく出されたお料理を

太るから、もう結構です!

とは言いにくいし、マナー違反にもなりかねません。

でも出されたもの、全部平らげたら、

代謝がおちている私の年齢では確実に

「大きくなります」・・・・・・・(太ります)

ではどうしたらいいの?とお悩みの私の対策


「8時間ダイエット」×「糖質オフサプリ」 で~す。



「8時間ダイエット」というのは食事の制限なく食べてもいいけれど

お食事スタートから終わりまで8時間に収めるルールがあり

朝食9時にすると夕食は5時に食べ終わらないといけません。

夕食を5時にというのは「現実でない」ため

通常は朝食を抜き(お茶・コーヒー・紅茶などノンカロリーOK)

12時ごろお昼は通常いただくと夜8時までに夕食を食べ終えればOK

ここで、問題なのが、「朝食を抜くと太る?」というダイエット神話にひっかかります。

ですが最新の研究では、朝食と肥満は関係なく、

なにをどう食べるのか?食習慣が大事といわれているそうです。

たとえばすきっ腹に、ごはんや麺類の早食い、ドカ食いをすると

当然血糖値は急上昇し、ブタホルモン(私はこう呼んでいますが)であるインスリンが

急上昇し、過剰な糖は、血管から排除され、

ゆくゆくは脂肪となり太ります。

いろいろな気を付ける点はありますが、朝食をとる、とらない、よりも

血糖値の急上昇を避ける「食習慣」がダイエットの近道なんです。

8時間ダイエットの良さは、24時間-8時間=16時間

16時間は胃をやすめることができ、、血中に糖が少ない状態になっていること

代謝アップにつながり、やせやすい状態になることだと思います。


話は長くなりましたが、

旅行先で好きな物を適度に食べ(ドカ食い・早食いはバツ)

8時間以内に食事を収めることは可能でしょう。

朝食を水分補給と考え、お水やお茶、コーヒーでやり過ごせればできます!

夏太りに拍車がかかりそうな旅先での対策に

「8時間ダイエット」いかがでしょうか?

明日は、ダイエットサプリについてお話したいと思います。

ちなみに8時間ダイエットの本は、こちらをご参考ください。


宝島社 驚異の8時間ダイエット 499円+税

http://www.amazon.co.jp/%E9%A9%9A%E7%95%B0%E3%81%AE8%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-TJMOOK-%E3%81%B5%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%86BOOKS-%E5%A4%A7%E7%AB%B9-%E7%9C%9F%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4800241200







山下FPブログ記事月別アーカイブ