山下FPブログ記事

2015.08.06 / ★資産運用・経済の見通し等

日銀が今後の物価と成長率の見通しを引き下げ

★資産運用・経済の見通し等

 

日銀は7月の金融政策決定会合で、
2016年度の物価上昇率見通しを
従来の2.0%から1.9%としました。

 

理由は海外景気に不透明感が出ているためで、
2015年度見通しについても
0.8%から0.7%に下げました。

 

ただ、雇用や賃金の回復で
今秋以降に上昇率が高まるとの見方は崩しておらず、
金融緩和も現状維持を決めました。

 

一方、実質成長率については、
2015年度は4月時点の2.0%から
1.7%へ引き下げました。

 

米中景気の減速などで
足元の輸出や生産が低迷しており、
中国株の急落やギリシャ問題も考慮しました。

 

国内は企業収益の拡大や賃金の上昇が続き、
設備投資や個人消費が回復に向かうとみており、
景気の基調判断は「緩やかな回復」に据え置きました。

 

日銀の年度別の見通しは次の通りとなっています。

 

        (実質GDP成長率)    (消費者物価上昇率)

 

 (年 度)   (今 回)  (前 回)    (今 回)   (前 回)

 

 2015   1.7%  2.0%    0.7%   0.8%

 

 2016   1.5   1.5     1.9    2.0

 

 2017   0.2   0.2     1.8    1.9

 

(注)今回は7月、前回は4

山下FPブログ記事月別アーカイブ