山下FPブログ記事

2015.07.23 / ★資産運用・経済の見通し等

中国の4~6月期成長率は7%で前期比横ばい

★資産運用・経済の見通し等

 

中国国家統計局は、
2015年4~6月期の国内総生産(GDP)が
物価変動を除く実質で
前年比7.0%増えたと発表しました。

 

成長率は13月期から横ばいで、
中国人民銀行が昨秋から6月まで
4回利下げをするなど金融を緩和し、

中国政府も地方のインフラ整備の加速で
景気の下支えを強め、
今年の政府目標である「7%前後」の成長を
なんとか維持しました。

 

しかしながら、
GDPと別に発表された
一般経済統計を見ると、

景気の下振れ圧力が
なお強いことがうかがえます。

 

1~6月の不動産開発投資は、
前年比4.6%増と、
伸びが1~3月(8.5%増)から
大きく鈍りました。

 

1~6月の不動産販売額は
10%増と1~3月の9%減から
増加に転じましたが、
在庫をさばくのが中心で、
新たな投資につながっていません。

 

建設・設備投資の傾向を示す
固定資産投資も1~6月は11.4%増と、
1~3月(13.5%)よりも伸びは縮小しました。

 

最近の株価の乱高下が消費などに
悪影響を与える恐れがあり、

先行きの経済の不透明感は
依然として晴れておりません。

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ