山下FPブログ記事

2015.07.19 / ★ダイエットと家計

むくみの原因は塩分の取りすぎ

★ダイエットと家計

日本人の一日の食塩摂取量は

12グラムだそうですが、

 

アメリカ人は6グラムだそうです。

 

厚生労働省では1日の塩分を10グラム以下と

推奨しています。

 

塩分のとりすぎは、血管の弾力がなくなり

血圧が上昇し、高血圧になります。

 

そうでなくても、加齢とともに、

血管は老いてゆき、

高齢者の2人に1人は高血圧だそうです。

 

ダイエットの立場からも

塩分の取りすぎは「むくみ」になります。

 

「塩抜きダイエット」をやってみたことがありますか?

 

全く塩分をとらないようにしたら、1週間で2キロは

体重が減りました。

 

体脂肪が減ったというよりも、

体のむくみが取れたということです。

 

味覚も鋭くなったようで、

子供のお弁当のウインナーを

つまみ食いしたら、

めちゃくちゃ塩辛く

びっくりしました。

 

人は一日、

1~3グラムの塩分で生きて行けるそうです。

日本人、塩分とりすぎですね。

 

塩分をとらないようにするには、

 

天然だしをしっかりとれば、

意外と薄味になれていきます。

大阪のグランフロントにある「茅乃舎」のだしパック

お気に入りです。

 

いろいろ似たような商品を試してみましたが

最後はここに戻ります。

 

週末は個々のお店も混んでいて並ぶのが苦痛な方は

通販でも売っているみたいです。

 

それと摂取した塩分を排出するには

カリウムをとるとよいそうです。

 

カリウムの多い食べ物は

 

野菜、果物、海藻、ですが、

 

私が今はまっているのは

ココナッツウオーターです。

 

瞼のむくみ、フェイスラインも

スッキリします。

 

ぜひお試しくださいね。

山下FPブログ記事月別アーカイブ