山下FPブログ記事

2015.07.09 / ★資産運用・経済の見通し等

中小企業の54%が賃上げ

★資産運用・経済の見通し等

 

 

日本商工会議所は、
中小企業約3000社を対象にした
6月の賃上げ調査の結果を発表しました。

 

2015年度中に賃上げを
実施または実施予定だと回答した企業は、
54%でした。

 

3月の前回調査から10%増え、
6月の調査時点で半数を超えました。

 

大企業が、ベースアップ(ベア)を含む
賃上げを相次いで実施していることを受け、
人手確保を目的に賃上げに踏み切ろうという動きが
中小企業の間にも広がり始めています。

 

2014年度中に賃上げを実施した企業は58%で、
景気回復を追い風に2年連続して
賃上げに踏み切る企業が中小でも増えています。

 

賃上げの内容(複数回答)では、
定期昇給が76%で最も多く、ベアは28%

でした。

 

今回の調査では
「経営上望ましい為替水準」についても聞いています。

 

最も多かった回答は、
円・ドル相場で「1$=100~105円」
(22%)でした。

 

1$=120円を下回る円安・ドル高を望んでいる企業は
14%にとどまり、

8割を超える企業が、現状の為替水準を望ましくないと考えています。

山下FPブログ記事月別アーカイブ