山下FPブログ記事

2015.06.23 / ★住宅ローン

住宅ローンのワイド団信

★住宅ローン

 

 

住宅ローンの契約者が死亡・高度障害になった場合に、
ローン残高を死亡保険で清算してくれる
団体信用生命保険(団信)があります。

 

住宅金融支援機構のフラット35は
団信の加入が任意ですが、

民間の金融機関では、団信に加入することが
融資条件になっています。

 

団信加入のポイントは申込者の健康状態で、
健康上の理由で団信に加入できない場合は、
残念ながら住宅ローンを借りることはできません。

 

そんな中、銀行などで取り扱いが増えているのが、
ワイド団信と呼ばれる保険に加入できる住宅ローンです。

 

このワイド団信は、持病があっても入れる保険
(引受基準緩和型生命保険)のことで、
通常の団信よりも審査基準が緩やかな分、
健康不安を抱えている人も加入しやすくなっています。

 

ただし、適用金利は、通常の住宅ローン金利に
0.3%程度上乗せされます。

 

利用の流れとしては、
まずは通常の団信に申し込みを行います。

 

持病や既往歴があっても、
引受保険会社の総合的な判断により
通常の団信に入れる場合があるからです。

 

通常の団信に加入できなかった場合は、
ワイド団信に切り替えて審査の結果OKなら加入し、
住宅ローンの借り入れが可能になります。

 

これまで健康上の理由で住宅ローンを
借りられなかった人にとってはチャンスですが、
ワイド団信の利用によって金利が
上乗せされる分総返済額が増えますので、
利用の際はより綿密なマネープランを立てるようにしましょう。

団信なしで住宅ローンを組むのは
かなり不安です。

マイホームを購入するのも、
ある意味、健康である若いうち・・・
ということが言えるのではないでしょうか。

若い夫婦は、住宅ローンを返済しながら
教育資金を貯めつつ、
老後資金も準備・・・・

課題山積な団塊ジュニアの方には
プロのマネープランを!

ファイナンシャルプランナーとして
全力で応援いたしますね。

山下FPブログ記事月別アーカイブ