山下FPブログ記事

2015.05.25 /  ┗ その他

資産運用(7)投資は自己責任

 ┗ その他

 

 

世の中には、数えきれない
ぐらいたくさんの投資商品があります。

 

その中からどんな商品を選んで投資するかは、
投資家の自由です。

 

「自由には責任が伴う」とよく言われますが、
自由に商品を選べる以上、
結果の責任は自ら負わなければなりません。

 

資産運用で損失を被ったからといって、
誰かに責任を転嫁できませんし、誰も補償してくれません。

 

「自分の資産は自分で守る」という
当たり前のことを改めて認識する必要があります。

 

投資には経験が必要ですので、最初は失敗がつきものです。

 

幸いにも現在は、
月々1000円からでも積立投資ができるので、
先ずは少額から挑戦してみましょう。

 

実際に運用しながら勉強していくほうが、
ずっと早く実感を伴ったスキルが身に付くはずです。

 

たとえ少額でも大切なお金を投資してみると、
政治や経済、金融やビジネスの動向に興味が出てくるものです。

 

失敗と成功を繰り返しながら、
自分なりの投資スタイルを確立し、
徐々に金額を増やしていきましょう。

 

資産運用は今後、
仕事や健康と同じくらい、高い関心を集めるテーマとなるでしょう。

 

投資センスを磨き、お金にも働いてもらうことで、
将来の資産形成に役立てましょう。

 

詳細は、拙著「公務員のためのお金の教科書」(翔泳社)をご覧下さい。

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ

インスタグラム