山下FPブログ記事

2015.04.19 /  ┗ 住宅資金計画

住宅資金(4)融資審査OKの住宅ローン、返済できる?

 ┗ 住宅資金計画

 

 

ある銀行の住宅ローンでは、

「変動金利 年2.5%」と
表示されていても、それとは別に
「適用金利 年0.7%~0.9%」
といった表示がされています。

 

インターネットでも、
このような広告が目につきます。

 

しかしながら、
この金利は誰にでも
適用されるものではなく、



優遇を受ける条件として
「給料振込のお取引のある方」
などと記載されています。


 

この文言から、
自営業者は「給料振込」がないので、
利用できないということになります。

 

さらに、

0.2%の幅がある
適用金利の中で、
どの金利を提示されるかは、
その人の与信度によります。

 
おなじ年収でも
所属する会社の規模や業種
勤続年数、家族構成
転職履歴なども影響します。


金融機関が一番心配するのは、
「最後までローンを返済できるか」
ということです。


収入が不安定とみなされる人は、
なかなか引き下げてもらえません。

 

一方、有利な条件を提示されると、
つい「借り過ぎ」てしまう人も少なくありません。

 


今は支払うことができても、
将来も大丈夫とは限りません。

 


万一、返済が滞ると、
大事なマイホームが
競売にかけられる可能性もあります。



 

そこまでいかなくても、

一度延滞すると、
優遇金利の特典を剥奪されて
一番高い金利で計算し直され、
返済額が一気に増えてしまうかもしれません。

 


住宅ローンで背伸びすると、
取り返しがつかない事態を招きます。


 

「貸してもらえるからといって返せるとは限らない」と肝に銘じましょう。



 

詳細は、拙著「公務員のためのお金の教科書」(翔泳社)をご覧下さい。

 

カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ