山下FPブログ記事

2015.03.26 / ★ダイエットと家計

家計の改善(4)

★ダイエットと家計

 

あなたの家計を一番圧迫しているのは何の費用ですか?

食費? 保険料? 外食費?交際費?
もし家計簿を付けていないのであれば、もっと手ごわい敵がいます。



それは、毎日何となく習慣として使っている「小さな支出」です。


私は、セミナーなどで
老後のマネープランの重要性を説明するのに、
デイヴィット・バックというアメリカの人気資産アドバイザーの著書
「自動的にお金持ちになる方法」(白夜書房)
に出ていた「ラテマネー」の話をするようにしています。



たとえば、街を歩いていて、
ちょっと休憩しようとスターバックスのようなカフェに入ること、ありますよね。



健康に気を遣う人には、
豆乳を使った少し高めの「ソイラテ」が人気です。

さらに、ちょっと小腹が空いたからとケーキもオーダー。


そうすると、お会計はあっという間に900円ぐらいになってしまいます。

これを週に5回やっていたら、1ヶ月で1万8000円。

このお金を25年間、年5%で運用できたら、ゆうに1000万円を超えるのです。




大きな犠牲を払うことなく老後の資金を準備できる、
目からウロコの資産形成術です。




「自分は週に5回もスタバでお茶しないから関係ない」と思う人もいるでしょう。

でも、ふらっとコンビニに寄ったり、自販機で飲み物を買ったり、スーパーで買うつもりのなかったお菓子をついカゴに入れてしまったり・・・・。

そんな経験が、まったくないといい切れますか。


特に愛煙家にとっては、タバコは相当大きなラテマネーになります。

たとえ数百円でも、毎日続けていると大きな額になります。決して他人事ではないのです。



少子高齢化の進展により、年金の給付や医療費の窓口負担などについて、今後ますます厳しくなることが予想されます。


そのためにも、今から少しずつでもいいのでラテマネーを探して、自分で老後資金を準備しておきましょう。


ちなみに、わたくしのラテマネーは、
電車の待ち時間を持て余して購入する
アーモンドと雑誌です。

アーモンドはお菓子でないので、食べても大丈夫という言い訳
雑誌は、時間が空いているときに、情報収集をしなければという言い訳

人間は言い訳を考える天才(笑)

その2つを購入して電車に乗り込むのですが、
爆睡してしまい、「役に立たない」ことも多々あります。

 

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ