山下FPブログ記事

2015.03.16 / ★社会保険・税・制度・しくみ

マイナンバー制度について

★社会保険・税・制度・しくみ

マイナンバー制度について 

 

2016年1月から、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度が始まります。

行政の効率化や利便性の向上を図るため、これまで健康保険や年金などバラバラだった番号が一本化されます。

 

2015年10月に市役所から送られてくる「通知カード」に自分の番号が記載されています。

2016年1月以降、希望者は顔写真付きで身分証明書になるICカード「個人番号カード」を「通知カード」と引き換えに受け取れます。

 

当面は「社会保障」「税金」「災害」の3分野に利用は限られますが、将来的にはその範囲が拡大されます。

 

「個人番号カード」に、運転免許証・健康保険証・キャッシュカード・クレジットカードの機能を付加したり、医療サービス・預金口座との結びつけも検討されています。

 

プライバシーの保護および脱税・不正の防止やマネーロンダリング(資金洗浄)対策の両立をめざした議論が、今後深まっていくでしょう。

 

 

マイナンバー制度について内閣官房HPにわかりやすく書かれていますので

ご参考くださいね!

 

内閣官房HP マイナンバー制度

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ