山下FPブログ記事

2012.03.01 / ★過去ブログ

がん給付金について

★過去ブログ
前回は、上皮内、と転移性のがん保険についてお話しました。

で今回は、「がん診断給付金」についてです。

※がん診断給付金とは、がんと診断されて、もらう一時金のこと。
保険設計によって、金額は異なります。
上皮内がんは10万円、転移性のがんは100万円と区別されているがん保険もあります。



またまた、過去のご契約者様から、勉強させていただいたことが、ひとつ。


ある方の場合は、転移性のがんでしたので、診断給付金は100万円だったのですが、

それは、1回支払われたら、終わりというタイプのものでした。


がんは転移する、治療が長引くため、転移性のがんのステージにもよりますが、

再発したときに、一番お金の心配をしなくてはいけないということで、


「最初は、預金もあるしまだ仕事も休職していないので、蓄えがあります。

ですが、治療も長引いて、会社も辞めてしまって預金を取り崩す生活をしています。

だから、がん保険も、診断給付金は1回でおわりでなく、再発したときこそ、

お金が必要なので、その場合も受けとれるようながん保険のほうが、いいです!」


とお話くださいました。

けして、私にクレームを言っているのではなく、ありのままの事実を

淡々とお話いただいただけ・・・・それだけにハンマーでが~んと殴られたような気がしました。


私は、常々、お金があれば保険はいらない
(ただし保険に入って安心!というメンタル面の満足を求める人を除く)
と言ってますが、


確かに、がんが再発したら・・・そのときの患者様の不安な気持ちは
計りしれないものがあります。


そんなときに、がん保険でまた診断給付金の給付があったら、
お金の面では、支えになるでしょう。


ですので、がん保険を選ぶとき、
もしも再発したら・・・・ということも考慮して
そのがん保険では、どんな条件でいくら支払われるのか
確認したほうがいいですね。





失敗しない生命保険の見直し365のルール  



がん診断給付金は1回のみ?複数回?
がんが、再発したら、どんな条件でいくら支払われるのかを
確認すべし!

山下FPブログ記事月別アーカイブ