山下FPブログ記事

2012.02.01 / ★過去ブログ

がん患者の3割は依願退職!

★過去ブログ
2月1日 NHKニュースより

<64歳までの働く世代のうち、がんになる人は毎年およそ22万人

がんになった人の3人に1人が職を失っているというそうです。

厚生労働省の研究班の調査では、がん経験者の30%が依願退職、4%が解雇された>


職場でのがん患者への理解が求められるところです。

というのも、がんはお金がかかる病気

がん治療費のために、働いているというお話を実際に、お聞きしますが、

そのがん治療費を捻出するためのライフライン(仕事)が途絶えてしまったら・・・

肉体的にも、そして精神的にも追い込まれてしまいます・・・・。


私は、保険を見直す時、みなさまに、お話していますが、

盲腸など一時的なお金の支出は、預金でも賄えますが

がんなど治療費が、青天井の病気にこそ、保険が必要です!と・・・・・。


保険=無駄  ではありません。

もしものときに、ご自身の金銭的ダメージをカバーするために、

必要なものです。

なんでもかんでも保険に入ればというのは駄目!

お金のかかる病気にこそ、保険をかけるべきです。


保険の見直し365のルール


がんのように、お金のかかる病気になったら困る人は、がん保険に加入すべし
逆に、困らない人は保険は必要ありません!

山下FPブログ記事月別アーカイブ