山下FPブログ記事

2011.03.09 / ★過去ブログ

医療保険、がん保険、両方入るべき?

★過去ブログ
独身女性の保険のあり方について、書いています。


今回は、働く独身女性のための医療・がん保険のありかたです。



OLさん、正社員、派遣社員、自営業、家事手伝い、アルバイト・・・


独り暮らしまたは、家族(親)と同居など


ひとことで、働く独身女性といっても


背後にあるその方の環境は異なりますよね。





もしも、働くことが突然できなくなったら・・・・


いきなり、生活費や家賃の支払いも困る場合や、

親の援助があって、当面は困らないなど

さまざまだと思います。


そういった中で、医療保険・がん保険はどうあるべきなのでしょうか?


まず、医療保険についてですが、


健康保険組合加入者の場合は、「傷病手当金」というものがあります。

※傷病手当金をよく理解したい場合は全国健康保険協会(協会けんぽ)


その傷病手当金を加味した上で、不足分を民間の保険で考えるとよいと思います。


たとえば、ボーナスを除いたその方の給料が月30万としたら、一日1万円


1万円の6割で6000円(一日あたり)が傷病手当金となります。


有給も消化した上で、無給となっても

1年6カ月間は、その傷病手当金(この場合一日6000円)がもらえます。


ひとによって

それで安心だわ~という方とそれだけじゃ、不安だわ~

と置かれている環境によって異なりますね。



よくテレビコマーシャルで入院1万円とか

言っているし・・・・病気ってお金かかるでしょう?


働く時も、また老後、リタイアした時も

医療保険に入っておきたい・・・など



保険の見直しの現場では、ヤマシタが傷病手当金のお話をしても
あっそう、だったらいらな~い!という方はいませんでした。


その理由は最近気づきましたが、保険は経済的な役割とメンタル的な役割

その両方があるからです。(実は、深いのです・・・笑)



ではヤマシタが思う、お財布にやさしくて、

メンタルな役割も果たしてくれる医療保険は


どんなものか?次回、アップしますね。





山下FPブログ記事月別アーカイブ