山下FPブログ記事

2007.10.24 / ★過去ブログ

消費税アップを防衛するには?

★過去ブログ
先週から、マスコミでも騒がれているように、消費税アップ!が叫ばれています。

いよいよか、というか、とうとう来たかという感じです。

先の年金大改革の年(2004年)のときも、こんな感じでしたよね。

今回も、私たちの年金不安につけいるかのように、

「年金制度を維持するための財源確保には消費税に換算するとあと5%~6%の増税やむなし」

というニュースが流れました。

年金の財源がないことは、10月の新聞報道で先行して報道されていましたし・・・。

「年金ほしかったら、消費税上げるのはしかたないでしょう?」というように、理屈で、
国民があきらめて、納得せざるおえない様に・・・。

またか~・・・

私の発行しているメルマガ「FPが語る、ハッピーリタイア達成まで7300日の道のり」の
そもそもの動機は、公的年金はいつか破綻・・とまではいわないけれど、
あてにできない・・・・

だから個人レベルでどうしたらいいか、知恵を出し合い考えましょう・・・・・
というコンセプトで発行しました。

で、その中で、資産運用は大事・・・ということもお話してきました。

平成の福沢諭吉と称される竹中平蔵さんがおっしゃるのは、

国民の金融資産は1500兆円あり、その1%を資産運できたら、その利ざやは15兆円。

日本の消費税の1%=2.5兆円にあたるため、l

国民の金融資産を1%で運用できた15兆円÷2.5兆円=6%となり、

消費税6%の増税は国民の資産運用を1%でするとまかなえるという

非常に、わかりやすいお話をしておられました。

同感ですね・・・・・。


あの有名な竹村健一さんも、テレビで資産運用を政府もやれば、いいじゃないか!
中国のほかの国も、みんなやってるのに、何で、にっぽんだけせいへんのや?

とのたまっておられました・・・。

同感です。

政府はあてにならない、あてにしないというスタンスのもと、


みなさんも、個人レベルでぜひどうしたらいいか、危機感をもって資産運用というものを
真剣に考えてみませんか?

こつこつと、毎月3万円を30年積み立てます。

運用利率0.5%~5%の違いで30年後にこのようにお金のたまり方が違ってきます。

3万円×5%×30年=2,507.18万円

3万円×3%×30年=1,752.58万円

3万円×1%×30年=1,259.93万円

3万円×0.5%×30年=1,165.43万円


どの、結果を選択するかは、ご自身です。







山下FPブログ記事月別アーカイブ