山下FPブログ記事

2007.02.14 / ★過去ブログ

中古住宅の選び方

★過去ブログ
先日、住宅購入を考えられている方より、ご相談をうけました。

素朴な質問ですが、

築20年のマンションで広い間取り・全面改装・美室と

築3年のマンションで狭い間取り・改装リフォームなしでは、

どちらがいいでしょうか?・・・・・・。

みなさん、どう思います?


お住まいの地域性にもよりますが、
前面改装リしてまるでうそのように、美しく快適に過ごせることも可能なので、
それも、いいかもしれませんが、

カタチあるものは、いつかはナクナル・・・・。

マンション・戸建ともに、老朽化すれば、いつかは建て替えしなくてはいけませんよね。


家を購入するとき、


安全だろうか?(こわいですよね。あってはならないことがおきてますから・・・)

価格は適正?(中古の場合、価格は交渉がキホン)

環境は?   仕様は?  

などいろいろチエックポイントがあります。



たとえば、このご相談者は30才代です。


マンションに住むとしたら、あと何年すみつづけるでしょうか?


30年ぐらいかな~・・・・・・・


では、マンションの年齢は今20年経過していますので、30年後には、50年・・・・

建て替え問題が発生しているか・すでに建て替えしているか・・・・。



あ~そうですよね。自分の家と違って、建て替えとなるとマンションは大変ですよね~。



この場合、築20年のマンションはこの相談者には×ですが、

老夫婦が娘の家の近くにすみたくて家を探している場合は、この限りではありません。


家の購入については、個別要因が働き、その方にとって、良い・悪いがことなります。

失敗がゆるされない不動産の購入・・・・

慎重にかんがえたいものですね。



カテゴリ

山下FPブログ記事月別アーカイブ