山下FPブログ記事

2007.02.14 / ★過去ブログ

FPが語る!ハッピー☆リタイアまであと7300日(20年)達成への道のり   第6号

★過去ブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
FPが語る!ハッピー☆リタイアまであと7300日(20年)達成への道のり   第6号

<難しい言葉はありません。ズバリ、簡単かつ明瞭な言葉で本音トーク!
自分のリタイア後の人生をより豊かに、安心して過ごすには
少しばかりの知恵と行動力さえあれば、OKです。
7300日後があなたと私のゴールです。
自分自身が描く豊かな老後をめざしてともに、がんばりましょう!>

→☆ヤマシタFPプランニング<http://www.yy-hoken.com/>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  
〇 初めてこのメルマガをお読みになられる方へ

このメルマガは、今から約20年後に間違いなくやってくる老後の生活を豊かに送りたい
(ハッピー☆リタイアといいます)方のために
今から、なにを考えておくべきなのか、どうしたらよいのか、日々のFP業務を通して
ご紹介したいと思います。
 難しいことはありません。「なるほど・・・そうか!」と気づいていただき、
ゆっくりと行動していただければOKです。
(なにしろ20年という道のりです。たまには、道草もいたします。笑)
 ご相談のご依頼も気軽にお声をかけていただきFPを上手に利用していただければと思います。

☆ヤマシタFPプランニングのアドバイスポリシーはこちら!
  
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●今回のテーマは ハッピー☆リタイアにむかって今なすべきこと
    「かわいいお金には長旅を!」

●おまけコーナー・・ヤマシタの子育て奮闘記・・・教育ママで何が悪い?
  「こんな日本語ありません! 子供のことばづかいについて」


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

みなさん、こんにちは!メルマガ発行者のヤマシタです。

2007年・最初の一ヶ月は終わろうとしています。

このメルマガのテーマであるハッピーリタイアまで20年・・・ということですが、

時間はあるようで、ないもの・・・・・。

あくせくしないで優雅な老後を迎えるために、

今から、正しい方法で準備しておきましょう。

備えあれば憂いなし・・・・・・・・。



前回は実際にリタイアされた方の希望・要望がどんなものであるか、
お話しました。

リタイアされた方の3つの希望とは、


今ある、まとまったお金を
・殖やしたい。
・使いたい。
・残したい。      
ということでした。

また、この3つの希望をかなえるためには、
お金を目的別に区分けして管理・運用すれば
お金の漠然として不安から開放されるということも
前回お話しました。

では、これからリタイアまで20年ある場合には
なにをどうすればよいか・・・・・・。
ということでした。


今老後を迎えた人とこれから20年かけて老後を迎える人で大きく違うことは、
何でしょうか?


あたりまえですが、

今老後を迎えた人はまとまったお金、勤続何十年と苦労して働き続けた
最後のご褒美として退職金やいままでの家計のやりくりの成果として貯金
があります。
また住宅ローンも完済しているか、メドが立っているかもしれません。
つまり退職しているので勤労収入はないが公的年金とまとまった資産があり
今後自分たちが生活していく以外、出費はありません。

かたや、
これから20年かけてリタイアを迎える人は、まだ大金というほどの蓄えもなく
子供の教育費の最後の難関といわれる大学までまだまだ遠く、
住宅ローンも完済まで数十年はあると思います。
公的年金も少子高齢化問題で縮小される方向にあり、あてになりません。
(もらえたらウレシイぐらいの位置づけでしょう・・・)
 つまりお金がまだまだ必要で、勤続何十年、苦労して働き続けても公的年金・
社会保障(医療・介護・福祉)サービスも今より低下し、あてにならず
自助努力で老後を乗り切らなくてはいけないのです。
 マイナス面はこれぐらいにしてプラス面としては、
リタイアまで20年という期間は「資産運用の投資期間」と置き換えることができます。

ここ、ポイントです。
大金はないかもしれないけれど、20年~早くはじまれば30年という長い投資期間があります。
(お金はないけど、ヒマがある?)
20年~30年という長い期間、お金を遊ばせておく余裕などないハズです。
ですから、この期間お金に働いてもらいましょう!

かわいいお金に旅をさせろ!というわけ・・・・。

そうです、世間ではそれを「投資」と呼んでいます。

えー投資ですか?株?・・・なんか怖―い!やったことないし・・・・・。
定期預金じゃだめですか?

お気持ち、すごくわかります・・・・。リスクというコトバだけで、もう、結構、
と思いますよね。元本割れというコトバもお嫌いでしょ?
私も、嫌いです。正直、避けられるものなら避けていたいです。永遠に・・・。

でも、ちょっと考えてみてください。20年~30年という長期にわたる期間を味方にすれば、
お金って信じられないくらい殖えるのをご存知でしょうか?

たとえば、100万円を30年間5%で運用しました。
利息は受け取らないで、また元本に加えて再投資していきます。
【複利運用】といいます。

はじめは100万円でしたが、

10年後には、163万円→1.63倍

20年後には、265万円→2.65倍

30年後には、432万円→4.32倍

投資をはじめて10年目までは、163万円-100万円で63万円のプラスです。
10年~20年目では、265万円-163万円で102万円のプラス。
20年~30年では、432万円-265万円で167万円のプラス。

つまり【複利運用】の場合は、運用期間が長くなればなるほど、お金が加速度的に
殖えていくということです。

ハッピー☆リタイアをこれから目指す人は、すでにリタイアされた人と違って、
大金はないけれども、時間はありました。20年~30年という時間が・・・・。
そこがポイントです。
 この時間=長期投資期間を武器にして複利運用効果をねらえば、自然と
お金は殖える!というわけです。


そのためには、この低金利時代の定期預金ではお話にならないのです。
【リスク】が嫌いだから・・・・といって
日本がバブル時代のような高金利になるまで、なんにもしないで待っていられます?
その間、どんどんリタイアのゴールは近づいてきます。
(ドンドンとしをとるともいいますが・・・・)
そのように待っていられる、余裕が私たちにないことは、創刊号でふれましたよね。

結論・・【投資すること】【お金を働かすこと】から遠ざかることはできないのです・・・・。

お金を働かすことは、初心者にとって容易ではありません。
次回は【投資】にもれなくついてくる【リスク】についてお話をしたいと思います。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●おまけコーナー・・ヤマシタの子育て奮闘記・・・教育ママで何が悪い?
  「こんな日本語ありません! もう!」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ウチのこどものことばづかいに手を焼いています・・・・。

ただし、親の私も偉そうなことはいえませんが、とにかく私は親なのですから、
正しい日本語を伝える(教える自信はありません・・・)義務があると思いますので。

先日のこと。 
子供が「△△△で・・・・・でやっぱ・・・・・なのよ」

私「日本語に、やっぱという言葉はありません!」
 「やっぱり・・・でしょう?やっぱ・やっぱ
っておかしいでしょ?」

子供「わかってますぅ~やっぱり~・・・でしょ?」

この会話は何回も何回も繰り返されます・・・。

子供のしつけは実は親の忍耐力が問われている気がいたします。(笑)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2007年・新しいスタートにライフプランの見直し・点検をしませんか?
生命保険診断・ライフプラン・住宅ローン相談のお申し込み受付中。
 お申し込み先 0120-715-396(非通知・携帯ご利用できません。)  
AM9時~PM18時  
または、メール  fp@yy-hoken.com  までお気軽にお問い合わせください。
山下FP企画HP・・・・http://www.yy-hoken.com/もご参考に。
※スカイプでのFP相談始めました。お気軽にお問い合わせくださいね。
※メールのお問い合わせ・お申し込みはいつでもどうぞ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

山下FPブログ記事月別アーカイブ