山下FPブログ記事

2007.01.15 / ★過去ブログ

団体生命保険について。

★過去ブログ
住宅購入にあたりほとんどのひとが、団体信用生命保険に加入されます。

保険とつく以上、なにを保障してくれるかといいますと、もし、ローン債務者に万が一の場合、(死亡・高度障害)住宅ローンが相殺され、残された家族は住宅ローンをはらわなくてもよいということです。
この団体信用生命保険は生命保険と同様に健康状態によって加入できない場合があります。
 そうなると、団体生命保険が任意であるフラット35などを利用してローンをくまないといけなくなります。

では、団体生命保険に加入できない場合、万が一のばあいは、住宅ローンは相殺できないのでどうするかということも考慮して住宅を購入するか決断しなくてはいけません。

その場合は、すでに加入中のの生命保険で代用できるか検討する必要があると思います。代用できるのであれば、その保険料が更新しようとも、見直すことができないので、その保険で最後まで加入しつづけなければなりません。
 避けたいのは、もし万が一の場合は、住宅を売却か賃貸にまわせばよいと安易に考えてしまうことです。ご主人に先立たれ、教育費のかかる子供をかかえている妻にその決断はあまりにも精神的な負担となってしまうからです。

意外と、生命保険はいつでも加入できる、見直しできると思いがちですが、このように住宅購入の際には重要なポイントになります。
 健康であってこその生命保険プランニング・住宅購入なのです。


また住宅ローンをくんで団体生命保険に加入した場合は、既存の生命保険が多すぎやしないかどうか
チエックすることをお勧めいたします。

山下FPブログ記事月別アーカイブ