山下FPブログ記事

2017.10.09 / ★保険の見直し

10月も引き続き保険の無料相談会行います

★保険の見直し

 

 

 

 

 

 

 

たがか保険、されど保険

 

9月はキャンペーンにて保険の見直し無料相談を

行いました。

 

色々な相談案件が舞い込みましたが、

これは・・・・・・と思う実例をご紹介させていただきますね。

 

 

 

 

<ご主人44歳  奥様39歳 の場合 >

 

ご主人

医療保険・・・5000円  (終身払い)

がん保険・・・2800円  (終身払い)

 

奥様

医療保険・・・3000円 (終身払い)

がん保険・・・5800円 (60歳払い込み終了)

 

ご夫婦での保険料は16600円です

 

 

保障内容は医療保険は入院5000円と手術

がん保険は診断給付金100万円と入院1万円と手術

 

 

 

すべて掛け捨てです。

 

 

 

20代に加入されると、かなり保険料は

安くなりますが、その分長く支払いますので

掛け捨ては、この事例の方より安くなったとしても

侮れません。

 

 

人生100年時代、65歳まで生きた場合の平均余命は

男性86.46

女性89.31

 

2060年には

男性87.33

女性92.72

 

会社を退職してからの

老後期間は、長いです。

 

ですので、

保険の払い方に注目しますと

 

「終身払い」は

生きている間ずっと支払うことになるので

保険料の累積金額は

当然多くなります。

 

もうすでに何年も前に

加入した場合(わたしもそうですが)以外は、

 

いちど90歳まで

その保険を継続された場合に

 

 

いったいいくら支払うことになるのか?

計算してみましょう!

 

 

このご夫婦の場合は、

 

 

約700万円になりました!!

 

医療、がん保険だけで

こんなに掛金を支払って

 

もしも、病気にならなかった場合

こんなに支払う

「価値」があるのでしょうか?

 

この事例はご夫婦で16600円の掛け捨てですが、

2万~5万の掛け捨ての保険も

多く見受けられます。

 

 

 

もしも、掛け捨てはいやだ!!

といった場合には、

 

掛け捨てでない保険も

あります。

 

それに変えた場合、

もちろん掛け捨てでないので

 

 

 

保険料は、アップしますが

(アップした金額は12000円)

 

 

70歳時点では940万円の

キヤッシュができます。

 \(◎o◎)/!

 

 

 

マイナス700万円からプラス900万円・・・

 

 

 

どんな保険?

ご興味ありますか?

 

 

海外の保険ではありません・・・

 

 

 

普通に国内で販売している

保険です。

 

工夫ひとつで、

十分、ムダのない保険設計は

可能なのです。

 

ご自身に合う、合わないというお話は

まずは、相談してみてから

ご判断くださいね。

 

めんどうだから・・・・

どうせ大したことはない・・・・

など

 

 

お金を大切に思わない方に

「金運」はやってきません

(ー_ー)!!

 

 

10月も好評のため

保険料見直し無料相談会を

行っています。

 

 

保険証券

年金定期便

などご持参の上

 

お気軽にお申し込みください。

 

 

このHPのお問合せから

 

またはお電話0798-36-4877 (9時~20時)まで、

 

お願いいたします

2017.08.07 / ★教育資金

大学進学は2人に1人の時代

★教育資金

19388500

 

 

大学の進学は2人に1人の時代(2017/08/09)

 

 

文部科学省が発表した学校基本調査によりますと、

 

 

2017年の4年制大学への進学率は

52.6%

と前年から0.6%上昇し、

過去最高を更新しました。

 

今年4月の大学入学者は

現役・浪人生を合わせて62万9千人で、

7年ぶりに最多を更新しました。

 

 

 

18歳人口は119万人で20年前より 約3割減りましたが、

大学進学率は17.7%上昇しました。

 

 

文科省は

「近年、大学生の就職率が 高いことも進学を後押ししているのではないか」

と分析しています。

 

 

また、短大への進学率は20年前から7.7%減の4.7%、

専門学校などの専修学校は2.9%増の22.4%、

高等教育機関全体への進学率は13.2%増の80.6%でした。

 

 

 

「私立大学を中心に 返済不要な給付型奨学金を拡充している効果もあり、

東京五輪が開催される2020年頃までは景気が 上向き進学率も上昇するのではないか」と予測しています。

 

 

 

一方、今年3月に大学を卒業した人の就職率は、景気回復で人手不足になっていることもあり

前年比1.4%増の76.1%となり、 7年連続の上昇で、24年ぶりの水準に回復しました。

 

男性の就職率は71.1%、

女性は82.1%でした。

 

また、修士課程への進学率は 0. 2%減の11.9%、

就職も進学もしない人は0.9%減の 7.8%と

いずれも7年連続で減少しました。

 

 

 

私は、FPですので 子供の教育費がいくらかかり

どのような方法で用意すべきか?

などご相談をお受けしますが、

 

 

奨学金の利用をしないと

いけない ご家庭が多いです。

 

 

昔と違って今は、2人に1人は 大学へ進学する時代

 

 

当たり前のように塾へ行き 受験して合格した大学へ 進学する。

 

それはそれでおめでたいことですが

頭が痛いのは 「大学の進学費用」

 

 

利用率が圧倒的な日本育英会の奨学金ですが、

これを、社会人になった子供が

10数年にわたり、返済しなくてはいけません。

 

社会人となり、 結婚した場合に、

奨学金の返済が 問題になって、

うまくいかない夫婦も いらっしゃいます。

 

 

「夫婦喧嘩は米びつから」

とは よくいったものです。

 

 

 

そこで返済しなくてよい 「給付型」が誕生しました。

 

 

ただし、給付金型は

ア. 住民税非課税世帯(市町村民税所得割額が0円)の人、

又は生活保護受給世帯の人

イ. 社会的養護を必要とする人 とあり、困窮した方の救済措置ですので 一般的な方は、利用できません。

http://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/info.html

 

 

 

ならば、大学で学力・スポーツなどで成績優秀であれば

返済不要の給付金型の奨学金があります。

 

 

私立大学は年間30万円 国立大学は経済的困難

かつ成績優秀であれば 授業料免除などとあります。

 

 

同志社大学

http://www.doshisha.ac.jp/scholarships/undergrad/doshisha_awards.html

関西大学

http://www.doshisha.ac.jp/scholarships/undergrad/doshisha_awards.html

関西学院大学

http://www.kwansei.ac.jp/students/students_001098.html#001

立命館大学

http://www.ritsumei.ac.jp/scholarship/economic.html/

大阪大学

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/student/tuition

京都大学

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/education-campus/tuition/

神戸大学

http://www.kobe-u.ac.jp/campuslife/finaid/scholarship/kobe-u.html

 

 

いずれにしても、 親は、

子供が生まれたら、学資を積み立てる!

賢く育てる!(これは永遠の課題!)

 

 

これを意識して子育てすれば、

間違いはありません。

 

 

                                         

 

一日5分でお金が貯まり

お金の上手な使い方が学べる

メタボ家計ダエット

【メタボ家計解消】メール講座

 

 

2017.07.08 / セミナー&メディア

こどもの未来を決める・親のためのお茶会・マネーセミナー

セミナー&メディア

満員御礼!

 

 

おかげさまで、満員になりました! 次回の予定は、メタボ家計メール講座 より事前にお知らせいたします。

 

お受験ママFP直伝 医学部も目指せる!

 

教育資金が貯まる!

 

 

子供の未来を決める 親のためのお茶会・マネーセミナー のお誘い

 

 

7月19日(水)       満席御礼!

 

8月5日(土)  New!

 

9月6日(水)  満員御礼!

 

 

 

 

会場は

大阪・淀屋橋会場にて

 

 

お茶会・セミナーを開催します!

 

 

今回は「教育資金」についてです。

 

 

ヤマシタは子供を小学受験させた お受験ママFPでもあります。

 

 

実際に私立小学校へ入れて どうだったか?

 

 

中学受験をさせてどうだったか?

 

 

私の実体験を交えながら お子様の教育資金について 考える、

 

 

お茶会・セミナーです。 詳しくはこちらです

 

『お受験ママを経験したFP直伝』 医学部も目指せる教育資金が貯まる! 子どもの未来を決める、親のためのお茶会・マネーセミナー

山下FPブログ記事月別アーカイブ