山下FPブログ記事

2016.02.08 / ★西宮・芦屋子育て情報

子供の勉強時間は増えているけれど・・・

★西宮・芦屋子育て情報

学校外での学習時間が増加

 

中高生が、家や塾など学校外で学習する時間が増えていることがベネッセ教育総合研究所の調査でわかりました。

 

調査は1990年から始まり、今回は5回目となります。

 

学校外での平日の平均学習時間は、高校生が84分で、2006年の前回調査より14分増え、調査開始以来、初めての増加となりました。

 

中学生は90分で前回より3分、小学生は95分で14分それぞれ増えました。

 

増加の原因は宿題で、高校生で9分、中学生で7分、小学生で13分宿題に費やす時間が増えています。

 

研究所は、「全国学力テストが始まるなど、学校間の競争が激しくなったことで、学校が宿題にも力を入れるようになったからでは」と分析しています。

 

学校の授業で好きな勉強方法を尋ねたところ、中高生の約8割は「先生が黒板を使いながら教える授業」でした。

 

一方、「考えたり調べたりしたことを工夫して発表する授業」も中学生47%、高校生38%と前回より増え、自ら学ぶ意欲が上がったことがわかりました。

 

調査を監修した大学教授は、「学習は量だけではなく質も大切。特に高校では、自ら学ぶ能動的な学習に力を入れる必要がある」と指摘しています。

 

なるほど、と思いました。今の若い方は(私も若いですが 笑)
ご質問しますと
きちんと答えになられますね。
またそれが、すばらしい答えだったりします。

 

ですが、ちょっと見知らぬ方たちと居合わせますと、ご自分から話かけたり

することはありませんね。スマートホンをじっと見つめて、怖いぐらいです。

 

学校の授業で好きな勉強方法を尋ねたところ、中高生の約8割は「先生が黒板を使いながら教える授業」


 

ここに問題がありそうです。受け身なんですね。

自分から、進んで積極的・・・が足りないとコミニュニケーション不足で、トラブルになることもあります。家庭でも子供に自主的に、すすんで行動できるよう親として教育しないといけませんね。

2015.11.18 / ★西宮・芦屋子育て情報

子育てママの保険訪問相談あと1名

★西宮・芦屋子育て情報
西宮・芦屋地域にお住まいの方限定


子育てママのための保険相談、訪問スケジュール更新いたしました!

今月はあと1名様です。

今年もあと1か月と半月になりました。

お子様のお世話で、外出しにくい子育てママのために

FP山下が、お宅までおうかがいいたします。

料金は西宮・芦屋市内の方限定ですので、交通費なども不要の

無料相談です。

教育資金や老後資金、積立の個人年金など

お金が貯まらなくて焦っている方、ますは家計の見直しをいたしましょう。

家計の見直しをしないで、やみくもに保険の見直しをしても効果はありません。

きちんの家計の穴を埋めたあとで、さらに保険の見直しをすると効果が高いです。

詳しくはこちら
http://hoken-shindan.com/kosodate/page3.html

生命保険訪問相談の流れはこちら

http://hoken-shindan.com/kosodate/page4.html

今月の可能訪問スケジュールはこちら


https://reserva.be/kosodate/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=eceJwzNjUCAAE4AJs&simple=1

 
2015.11.08 / ★西宮・芦屋子育て情報

小学生の暴力が過去最多

★西宮・芦屋子育て情報

 

 

文部科学省は、2014年度に全国の小学校で起きた児童の暴力行為が、前年比572件増の1万1468件と4年連続で増え、過去最多を更新したと発表しました。

 

中学校での暴力行為は3万5683件(4563件減)、高校は7091件(1112件減)となり、中学校と高校は減少しているものの小学校のみ増加しています。

 

小学校での暴力行為の内訳は、「児童間の暴力」が7113件、「教師への暴力」が2151件、「器物損壊」が1997件となっております。

 

小学校で増えた背景については、「感情のコントロールがうまくできない児童が増え、些細なことで暴力をふるう」などが考えられます。

 

文科省の担当者は、「中学や高校ではスクールカウンセラーや警察との連携が進んでいるが、小学校でも児童をケアする体制の整備を急ぐ必要がある」と話しています。

 

都道府県別では、発生件数が最多となったのは大阪府で、最少だったのは秋田県でした。

 

2番目に少なかった福井県では、小学生が地域住民や他学年と触れ合う時間を増やしています。

 

周囲と絆を深めることで自己肯定感が強まり、暴力で感情を表す児童が減ってきており、効果が表れてきているようです。


最近、この本を読みましたのでご紹介しますね。
心療内科へ行く前に食事を変えなさい  姫野友美氏 

この本を読んで、本当に子供からの食生活が大事だと思いました。
小さいお子様をもつお母様にもぜひよんでいただきたいですね。

 

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ