山下FPブログ記事

2016.07.26 / ★がん保険について

がんの5年生存率は62%

★がん保険について

 

がんの5年生存率は62%

 

国立がん研究センターは、がんの治癒の目安である5年生存率の全国推計値を公表しました。

 

200608年の診断症例をもとにした5年生存率は62%で、3年前の前回調査より4%上昇しました。

 

同センターは、前立腺がんや乳がんなど治りやすいがんの患者が増えたことが影響していると分析しています。

 

5年生存率とは、がんと診断されてから5年間生きている人の割合で、男性が59%、女性が66%でした。

 

5年生存率をがんの部位別にみますと、前立腺・甲状腺・皮膚・乳房が90%を上回りました。

 

一方、すい臓(8%)、胆のう・胆管(23%)、肺(32%)、肝および肝内胆管(33%)などが低い結果となりました。

 

また、大腸は71%、胃は65%でした。

 

どの部位も病気の進行度が高くなるにつれ、生存率は低下しており、早期で診断された場合は生存率が高くなっていました。

 

国立がん研究センターでは、検診でがんが早期に見つかる割合が増えれば、生存率が更に向上する可能性があるとみています。

 

がんの治療は、「早期発見」が肝のようです。 

 

それには、生活習慣を改め、がん検診に行くことですね。

 

 

 

がん保険のことに少しふれますと、

 

 最近のがん保険は、早期に発見できた転移しないがんも転移するがんと同様に扱われる

 

がん保険も登場しています。 

 

治療期間が長期化する傾向にある乳がんに、保障の手厚いがん保険もあります。

 

 

 

がんでは死亡しないが、治療は長期化する・・・・そんな場合は「がん保険」に加入しておいたほうが

 

いいのではないでしょうか? 

 

ただご予算もありますので、入りすぎると本末転倒になります。

 

予算と保障内容のバランスが大事です。

 

ご自にあったがん保険を選択してくださいね。

 

 

 

 

 

2016.07.05 / ★がん保険について

がん患者が86万人に増加

★がん保険について

 

がん患者が86万人に増加

 

国立がん研究センターは、全国のがん患者数の最新データを公表しました。

 

2012年にがんと診断された人は推計で86.5万人となり、11年より1.4万人増え、男女の内訳は男性が50.4万人、女性が36.1万人でした。

 

男性では、11年に4位だった大腸がんの患者が急増し2位になりました。

 

部位別の順位と患者数は次の通りです。

 

順 位    男 性         女 性  

1 位  胃  (9.1万人) 乳房(7.4万人)

2 位  大腸 (7.7万人) 大腸(5.7万人)   

3 位  肺  (7.7万人) 胃 (4.1万人)

4 位  前立腺(7.3万人) 肺 (3.6万人)

5 位  肝臓 (2.9万人) 子宮(2.5万人)

 

がんの種類によって罹患率に地域差があることもわかりました。

 

胃がんは、東北地方や日本海側で高い傾向でした。

 

肝がんは西日本で高い傾向がみられ、乳がんは東京で非常に高い罹患率となりました。

 

かなり高い、罹患率・・・

確率の高い病気、お金のかかる病気には、

もしもの時の備え、がん保険も必要ではないでしょうか?

2016.04.08 / ★がん保険について

がん保険は何に注目したらいい?

★がん保険について

 

がん保険は何に注目したらいい?

 

について書いています。

前回の記事はこちらです。

http://ameblo.jp/yy-hoken/theme-10089417445.html

 

でその続きです。今日はポイント3

 

3・・・・トータルコストは最終いくらか

(平均余命まで生きるとしていくら支払うことになるのか?)

 

についてお話したいと思います。

 

どんなに、素晴らしいがん保険であっても、続けられないと意味がありません。

 

ですので、最初に確認したいのが、

 

「今、いくらの保険料で、それはいつまで支払うのか?」です。

 

がんになったら、治療に支払ったお金を最大1,000万円(5年間)まで保険金で賄えるというがん保険があります。

 

これこそ、がんの治療費の心配をしなくてもよさそうなのですが、

魅力的な保険=保険料は高いという関係が成り立ちます。

 

支払う保険料ですが、5年更新(5年毎に保険料が値上がりする)なので、

40歳から75歳までかけ続けると、(女性の場合)

40…3350円 201000

45…4550円 273000

50…5460円 327600

55…5920円 355200

60…6080円 364800

65…6980円 418800

70…8190円 491400

75歳までで保険終了・継続不可 

トータルコスト 2,431,800

 

5年毎に更新し、最大75歳まで継続して払い続けても

がんにならない場合は、243万円が無駄になります。

 

ですが、もしがんになり、治療費が243万円以上かかれば、

お得ということになります。

 

選択は難しいでしょうか?そうですよね。迷うところです。

 

2人に1人はなるといっても、75歳で保障を打ち切られるので

76歳でがんになっても、まあ、掛け金もムダになり、意味がないです。

 

一方、若いときに、もしも高額な治療のかかるがんになれば、

このがん保険は、威力を発揮します。

費用対効果は高いです。

 

経営者や資産家で、保険料の支払いに問題がなく、

現役の働き盛りをささえる、期間限定のがん保険であれば

問題ないでしょう。

 

 

要するに、保険料は大きなポイントですので、無理をしないで、

ご自身のお財布と相談して、継続できる範囲内で、決めてください。

 

がん保険、卒業ではなく、

払えない・・・ということで、途中解約というのは問題です。

 

 

保険コンサルはお気軽に・・・いぶし銀の提案をいたします。

0798-36-4877 山下まで

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ