山下FPブログ記事

2017.02.02 / ★保険の見直し

個人年金、終身保険4月から値上げ

★保険の見直し

駆け込み

 

 

 

 

 

 

 

個人年金、終身保険の加入はお急ぎを

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
貯蓄性生命保険の保険料が4月から値上げとなります。

 

 

 

対象となるのは、学資保険や個人年金保険、終身保険など
「お金が貯まる、掛け捨てでない」保険

 

 

 

長期金利の低下が背景で、
ある保険会社の報道記事によると
個人年金は平均2~4%程度ですが、

 

 

 

終身保険を40歳で契約した場合は
男性2割強、女性3割弱の値上がりだそうです。

 

 

 

なぜこのように保険料が値上がりするのかといいますと

 

 

 

生保各社が契約者に約束する、
運用利回り(予定利率)の目安となる「標準利率」が
金融庁が4月に1%から0.25%に下げられるからです。

 

 

 

標準利率の引き下げは4年ぶりで、
他の生保各社も保険料の引き上げを検討しています。
(おそらく、全社そうなります)

 

 

 

既存の契約はもちろん対象外です。
ご安心ください。

 

 


また、金利水準の影響を受けにくい医療保険などは
保険料を据え置く予定だそうです。

 

 

 

これで、保険で貯蓄という魅力は薄れ
保険は保障を、運用は株や投資信託といった流れに
加速するかと思いますが、

 

 

 

若い方は1円でも多く貯めたいと
掛け捨ての保険は嫌われる傾向にあり

 

 

 

最低限の必要保障金額を満たすことなく、
死亡リスクをカバーしないで、
生活される方が増えるのではと
個人的に心配しています。

 

 

 

独身の方なら、いざ知らず、
小さいお子様をお持ちのご夫婦など、
親の万が一に、生命保険は、必要です。

 

 

 

特に、大黒柱であるパパの保険は・・・。

 

 

 

もちろん、家計の穴になるような
加入しすぎはいけませんが、
もしも、パパに万が一の場合、
子育てをしながら、
女手ひとつで、子供を育てるのは
並大抵の苦労ではありません。

 

 

 

生命保険がいらないのは、
相続税を心配するぐらい親がお金持ちで
娘婿に万が一のことがあっても、

 

 


娘や孫も十分養えるような親をもつ「お嬢様ママ」
もしくは、パパの稼ぎをたたき出すぐらいの
スキルを持つ正社員の職をもつママぐらいです。

 

 

 

お話が、終身保険の値上げから、
ちょっとそれてしまいましたが・・・

 

 

 

保険の節約もやはり「妻の稼ぎ力」次第なのかと思います。

 

 

山下FPブログ記事月別アーカイブ